タイトル画像

YouTubeで動画を更新しています。

2017.06.06(20:27) 891

再生リスト 音の粒だちをよくするエクササイズ

呼吸を楽に


ピアニスティックノート


タイトル画像

動画をアップロードしています。美しい音を探求するピアノボディスクール

2017.05.31(16:44) 890

YouTube美しい音を探求するピアノボディスクール 実験 ショパン編

ピアニスティックノート


タイトル画像

Youtubeでお役立ち動画を配信しています。

2017.05.23(16:45) 889

美しい音を探求するピアノボディスクール

まずはコンサートのヒント、そして腕のウォームアップの13本です。

ピアニスティックノート


タイトル画像

自分自身であること≠こうあるべき自分

2017.05.18(14:37) 888

今日は久しぶりに、レッスンの体験記を書きます。ちなみに、本日より養成コースの第二段階に入りました。

YSK(ユースケ)さんとの授業でした。

いつもは、楽譜を用意して、ここをこう弾きたいです!と言ってピアノでレッスンを受けていた私。
用意万端な優等生でした。今日はそれをやめます。

最近、合宿に行ってTommyのクラスに出たり、、通訳せず授業に参加したりして、いままで自分がやっていたことが、なんか違う、という気がしていたので、パターンを破りたかった。

今日は、ノープランで、ピアノを弾きたいです!と手を上げました。

さてなにが起こるでしょう?


最初の演奏は、静かでいて、じわじわと内からくる喜びがありました。

既に素敵ではあります。

本題は、もっとエキサイトするフレーズも、そういうピュアな喜びに飛び込んでいけるか、です。

これからやることを考えると、エキサイトしてきます。

後ろで見ていてくれるクラスメートも
自分もそのエキサイトに含まれていますか?
ピアノの黒い面に、みんながうつっているでしょ?

!!!

すぐに弾かず、そこで弾かないでいてください、と言われました。

すると、エキサイトの前の静けさ、がビンビン感じられます。

それがおいしいんだよ。

???

自分の前も後ろにも。
めっちゃ見られているけれど、それは味方になるもの。
自分の好きなことをできる、安全な場所にいるんだよ、と言われました。

それで弾いてみました。

自分の手ごたえは少ないのに、とっても推進力のある音楽になっていました。

むしろ、勢いがよすぎて、自分のほぼ最速でした。

それでも弾いてはいました。

なにこれ?
ふえー!?
ピアノに映る自分のシルエットは、初めて見るようなものに感じました。

→自分イケてるじゃん!と思えました。


私が気づいたことは。

自分であり続けて、エキサイトを受け入れて、
その結果、イケてるやん!となるということ。

イケている状態とはこう見えるだろう、と決めつけて、
それを見えるように作ろうとしていました。

ようするに、ええかっこしー、ですね。

最近のクラスで自分の感情と向き合ってきたことが、
こういう気づきにつながりました。

帰り道にまたいろいろ気づいてしまって、考えが止まりません。

自分にYESを出すってこういうこと?

今日は弾いてみてよかった!!


ピアニスティックノート


タイトル画像

響き渡るラ・カンパネラ レッスンのご感想

2017.04.19(16:57) 887

生徒さんのご承諾をいただけたので、個人コースのご感想を紹介します。

全体のご感想:

体の軸の部分が演奏にとって大切なことがわかりました。

演奏に必要な筋肉や、力を抜くため、ほぐすためのエクササイズなど、参考になりました。

驚くほど弾いているときの体や腕が楽になってびっくりしました。

引用終わり

美しい音を探求するピアノボディスクールでは、ピアノを弾くためのボディマップで全身を網羅し、実際に演奏なさりたい曲を弾きながらレッスンをしていきます。

今回コースを終えた方は、毎回ラカンパネラを弾かれました。

間近で聞いていて、毎回の変化に感動してしまいました。

個人コースでは、レッスンでやったことを次のレッスンまでに生徒さんが練習することで、格段の向上が可能となります。

手元でなっていた音が、大きなドーム状に響くようになりました。

楽に鍵盤が沈むようになりました。

トレモロや連打、半音階、オクターブなど、ラカンパネラの難しいフレーズがすべて改善してしまいました。

ペダルを踏んでも演奏が安定しました。

楽譜を見るときの視野が広くなりました。

より繊細なタッチと、美しい響きが実現しました。

腕や腰にに無理がかからなくなりました。

数え上げればきりがありません。

最終日は、中庭でもワークしました。外に出る際、廊下を歩くとき、階段を降りる時も応用のレッスンができました。

脚が軽い!
靴音がしなくなってしまいました!

私もびっくりです。

このように、日常生活の動作も一緒に改善してしまうのが、スクールの特長でもあります。

私自身、6:45に出る家族のお弁当作りが始まり、朝は死んでる~と言っていましたが、1時間のレッスンを終えると、治っていました!!!

生徒さんがリストを弾けて、私も軽くなってしまう、素晴らしい時間でした。


脱力でもなくて、これは何というのでしょう?ぜひご体験ください。

美しい音を探求するピアノボディスクール、5,6月のお申込みもお待ちしております。


ピアニスティックノート


最近の記事
  1. YouTubeで動画を更新しています。(06/06)
  2. 動画をアップロードしています。美しい音を探求するピアノボディスクール(05/31)
  3. Youtubeでお役立ち動画を配信しています。(05/23)
  4. 自分自身であること≠こうあるべき自分(05/18)
  5. 響き渡るラ・カンパネラ レッスンのご感想(04/19)
次のページ
次のページ