信頼に飛び込む 降参してください ジェレミーのレッスン

26日はジェレミーのクラスでした。レッスンに手を挙げて、私はピアノを弾きました。相変わらずショパンなのですが、1楽章の最後のチャレンジングなフレーズです。左手でトリル。右手で分散和音。これが無窮動に続きます。協調をお願いして自分なりに弾いてみます。ここから一問一答 &(心の声)。左手で多く力を入れている理由は?左手だけでなく、体全体で弾きたいと思って。(自分ながら意味不明だ💦)なにか、動きと演奏を...

続きを読む

エフィカシーを上げる 能力を上げたいなら、あげている人に会え!

コーチングに、セルフエフィカシーという英語が出てきます。日本語では自己効力感と言われています。これは、やさしくいうと、自己評価、自信のようなものです。たとえるなら、演奏前に、自分ならなんとかできるだろう、と思える類の自信です。絶対優勝する自信がある、みたいな自信ではありません。自信がある、自信がつく、というのは、コーチング上、明確な言葉ではないのです。この、効力感、エフィカシーが高ければ、能力を高...

続きを読む

世界の中心でピアノへの愛を叫んでください

がちんこ、という番組が昔やっていました。ボクサーを目指すラーメン屋を目指すダイエットをするいろんな人が再起をかけて、達人のもとで修業する様子を追った番組です。その中で、神取忍さんという女性プロレスラーのもとで、プロレスの修業を始める若い女性たちを特集していた時がありました。神取さん、さすがだな、というか、心を打たれて今でも覚えている場面があります。興行の時、椅子を並べたり、リングを設営しますよね。...

続きを読む

あなたがあなたを先生にするのよ キャシーのレッスン

アレクサンダーテクニークの教師養成コースに入って4年経ちました。その間に、忘れられないレッスンの場面がいくつもあります。今日はピアノで大きな節目を体験したので、その一場面を思い出しました。ある生徒が、授業中に先生の前で、クラスメイトを生徒さんにして教えました。学校では、ティーチングと呼んでいるものです。そしてその練習中の人はいいました。私は、先生になる許可を求めていた、と気づきました、と。キャシー...

続きを読む

ドキドキして演奏してください!仮想オケとの共演

29日は、来日していたキャシー先生の今年最後のクラスでした。私のレッスンでの望みは、オケと弾くときも、一人で弾くときも、オケを聞いているときもオケを招き続け、みんなと一緒に居続ける、というものでした。ソロが長いとき、自分はどうあればいいのか。ピアノを弾く背中をずっと人に見られている感じも実は苦手で。早速キャシーは、クラスにいるみんなをオーケストラに見立ててピアノの周りに配置してくれました。仮想オーケ...

続きを読む

プロフィール

かおり

Author:かおり
美しい音を探求するピアノボディスクール
グランドピアノと骨格標本を使った講座・レッスンをしています。
HP kaorikitagawa.jimdo.com
もっといい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けないというを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活しました。

アレクサンダーテクニーク教師養成コース研修生として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender

英語
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

無料メルマガ登録

美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ページの先頭へ戻る