アレクサンダーテクニーク研修生によるピアノレッスン

ピアニスティックノート

私は通っている学校で通訳をしています。

講義の通訳がほとんどです。
短いクラスでも3時間あるのが普通です。

今日は祝日ですが、いつもと違う授業がありました。
やはり3時間です。

15分から20分くらいの休憩を間にはさみますが、
3時間は短くはありません。

ほかのことを考えたり、ちょっと集中を失う時が、
人間ならあると思います。

私も受講者なら正直そうです。英語を理解するとはいえ、自分のためだけに3時間聴いていられるか、と言ったら、NOです。

ですが、通訳をしている時は、ずっと先生の言うことを聴いているんです。不思議です。(手前みそながら、通訳という、難解な作業を一瞬で行ってさえいるのです。)

ほかの人が介在するからこそできるのだと思います。自分がやっていることが、授業を成立させているのですから。

子どもがいる人なら、親として、このためならできる、ということがあります。

生徒さんがいると、教えている立場では自分のためなら思いつかないグッドアイディアが湧いてくるのです。

人間って素晴らしい!


  1. 心と体
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

不満だらけな人ってどこにでもいます。


同僚がこんなで嫌。

紹介された異性が魅力的でない。

合唱団のピアノがあまりうまくなく、どうにかしてほしい。

などなど。


ピアノの件に類することを言ってくる人はいました。

しかしです。

たとえばあなたが満足するレベルでピアノが弾ける人は、そのコーラスに来てくれなかったわけで。
言い換えれば、あなたが不満を抱くそのピアニストさんに頼るしかないのです。

一番上手い人は来ない。
それが合唱団の、ひいてはあなたの器なのです。

その自分の器の問題を、なんとか頑張ってくれている人に転嫁しているのです。
(そこまでピアノをやったことがない人ほど、言うだけは言うので返事に困る💦)

自分を棚に上げていて、身の程を知らないわけです。


親と兄弟は選べない。
でも、義務教育ではないのですから、選択の自由はあります。


嫌なら一流の合唱団に入ればいい。
いい人を紹介してもらえるような人間になればいい。
まともな人が働いている職場に就職すればいい。

文句があるなら、あなたの器に合うところに行くか、自分で立ち上げればいいのです。
テーマ : art・芸術・美術    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. 心と体
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

日本の小学生におなじみのラジオ体操。

深呼吸の動作がありますよね。


腕を上げながら吸って、

おろしながら吐く。

これ、実は実情に逆らっているのです。

腕を上げながら吸おうとすると、不自然なことをやってしまうんです。ガーン!

ではどうしましょう?

単純に、腕を上げるとき吐けばいいんです!

吐いて~、吸って。
吐いて~、吸って。

腕を上げながら吐き、下げながら吸ってみましょう。

呼吸は24時間やっている動きですが、
本来の動きを教わっていないんです。

そこから違っていたの?
ということがいっぱいあります。



美しい音を探求するピアノボディスクール


  1. 心と体
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

地位財とは、

周りより高いことに価値を見出すものです。


ブランド品

社名

家の値段

などなど。

現代的な、物質的な成功。

同じ建物に住んでいても、周りが豪邸であれば、うちはちょっと落ちる、と思いますし、
周りのお家より広ければ、うちはいい家だ、と感じます。

これが地位財です。


非地位財は、

比較の有無にかかわらず、価値があるもの。

空気のきれいさ

通勤の短さ

わんこと触れ合う時間。

本質的な幸福感です。


わんこと触れ合う時間 0 と 毎日2時間
ブランド品      あり と なし

左は、わんこと触れ合う時間を削って残業し、時計が買えたとします。

どっちの生活がいいですか?

本質的に幸せ感じられるのは、右のほうではないでしょうか。

しかし、ブルガリの時計をしたがる人は後を絶ちません。

犬がいることがステイタスな社会になれば違いますね。
レトリバーを散歩させているほうが勝ち組、
という理由で犬を飼えば、地位財になり得ます。

爆買いに秋葉原に来る人がいます。

本国で他の人が持っていないものを持てる。
そのことが電気製品を地位財としているのです。

私たちにとっては、秋葉原で買えるものは、そこまで意味がありません。

海と砂浜。

それは館山の海でも、モナコでも、本質的に違いはありません。

近くにビーチがあって、毎日遊べることと、

モナコに飛行機でいけること。


これは後者に、セレブが集まるリゾート=地位財、という認識があるからです。

そして、他の人が働いている間にバケーションをとる、そこに優越感が生まれるのです。


マスコミは、アウトレットを報道し、トレンドを紹介し、

流行りのレストランを宣伝します。


そして、新製品を欲しがるようにけしかけます

どれだけ買いあさっても、食べ歩いても、満たされることはありません。

地位財だからです。


それを追うために大切なものと関わる時間を奪われる。

それが現代社会です。

本当に楽しいことはなんでしょう?


自分とピアノに向かい合う時間を、

プライスレスなものにしてみませんか?



  1. 心と体
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

私事なんですが、

今日、スーパーの駐車場で、盛大に転んでしまいました(;_:)。


大きな原因はおそらく、

車を降り、ドアを閉め、歩き出す。

この一連の動作を、

”いつもの感覚”でやろうとしたことです。


そして運の悪いことに、

久しぶりに履いた靴の底のグリップ力が高く、

路面もざらざらしていて摩擦が大きかったのです。


向きを変え、のところが、いつものように、するっと行かなかったのです。

それで勢いがあまり、転んでしまいました。

着地まで体勢を整えようとはしたのですが、

ストレッチの全く効かないボトムを履いていたことも災いしました。


盛大にこけた、と描写したのは、

最終的に目の前に自販機があって、

眉骨・びこつ目の上のでっぱりを打って止まったからです。


びっくりしました。

幸い、☆も出ませんでしたし、

激痛ではありませんでした。


後で少し腫れてきましたが、

あざになってはいませんでした。

打ち方がよかったのか?

骨って大事ですね^^;


ばっちり一部始終をほかの人に見られたのもまた情けなく。


いつもの通り、でやろうとした私は、

膝の曲げにくさ、

靴底のすべらなさ、

路面の摩擦

に気づいて動くことを、しなかったのです。


手はハンドルに触れている。

ドアに触れている。

足は地面についた。

立ち上がった。

向きを変えた。

ドアを閉めた。


という風に、

毎瞬、自分と周りとの関係、

自分の動きに気づいていさえすれば、

あそこまでこけることもなかったのに。


運転中は気を付けていたのに、不覚でした。


いつもの通り。

それでも、毎日、毎瞬違うことに気づけたらいいですね。
テーマ : art・芸術・美術    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. 心と体
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

かおり

Author:かおり
アレクサンダーテクニーク研修生によるピアノレッスン
グランドピアノと演奏に役立つ解剖学を使ってレッスンをしています。
HP kaorikitagawa.jimdo.com
もっと上達したい、いい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けないというを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活し、念願のオーケストラとの共演も果たしました。

アレクサンダーテクニーク教師養成コース研修生として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender

英語
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

無料メルマガ登録

美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -