Category | アート

2017年始動!大志を抱け

01/08
あけましておめでとうございます。

新年のブログ更新が、遅くなってしまいました。
中学3年がいるため、親子で冬休みもない状態でした。正確には明日までお休みです。

大志を抱け、といきなり大きく出ましたが、
実際に、中3の夏くらいに子が大きな目標を持ってから、
意欲の上向き加減がすごかったので、
最近はそのことばかり考えていました。

それまでも勉強していましたが、ゴールもなくよく頑張れたね、という感じです。(ひどい)

ある目標を抱いてからというもの、情報を集めたりするのも、
そのことをいかに叶えるか、ということに重点があたるようになりました。

当然ながら、自然と目に入るのです。

また、本当に俺にできるのか?という不安を時折もらしていました。

コンフォートゾーン、つまり、自分の慣れ親しんだゾーンから、
大きく飛躍するゴールを持ったため、
心身が違和感を感じたのです。

ゴールに向けて努力するにつれ、結果がついてきて、
やがて、不安も薄れてきました。

また、大志を抱く前の自分がいかにヌルカッタかも、
切実に感じているようです。

大志に対し行動する今の自分も、いつしか当たり前のものになっていたのです。

まだ入試は始まってもいませんが、
こういう形で努力していく経験が本人の人生に役立つことでしょう。

コンフォートゾーンの外にゴールを設定することの大切さを
実感した今日この頃です。

自分はこの程度で、と決めず、
大志を抱きましょう。

私も自分なりに今年は頑張ります。

教わったことをつなげるだけでは、答えが出ません

12/16
近年、教育に携わる方のブログなどをよく拝見します。

最新の高校受験情報を知りたいからなのですが。


長らく、中学生を指導している塾の室長先生のブログが多いです。

学習とは。
教育とは。
指導とは。

それをつきつめて日々を送られている方々が共通して言っていることがあります。


とどのつまり、


学力をあげる

高い得点をとる

合格する


これらを達成するには、

自分で考える力をつける必要がある、ということです。


思考力を問う入試問題、などといいますね。

ただ単に暗記した知識を問いたければ、
50問か100問、はい、いいえとか、選択式の質問を出せばいいだけです。


数学などは、最初に筋道を理解します。

それを自分で使えるようになって、正しい道を通って、正解に到達する必要があります。


解法を教わるだけでは、自分の力にはなっていません。

それは解説に書いてあります。


いくら解法を教わっても、

自分で思考して、それらのツールを使えなければなりません。


わかる、知っていると、

解ける、得点できるは違います。

わかって終わり、
習って終わりではありません。

最後まで自分で正解にたどりつくか。

それは最終的には、孤独な、頭を使った戦いになります。


知らないものは頭に出てきません。

理論を理解したものは、丸暗記しなくても忘れないものです。


ピアノでも、自分で読譜して、統合する練習をしたものは、覚えやすいのです。

人に弾いて見せてもらわないと弾けないものは、覚えたとしても、次の曲をやると忘れてしまいます。

読譜したものなら、忘れても、楽譜を再び見れば、ああ、そうだった、と弾くことができます。

同じように弾いていても、認知、思考は全く違うのです。

身になる学習をしたいものです。

確実なもの 不確実なもの

11/07
あるコンテストの二次予選で落ちて泣いた人がいました。


こんなに頑張っているのに

絶対自分は人より細やかな○○をしているのに


普段の言動からその人がそう思っているような気がしました。



本番で、試合で、自分が思うようなパフォーマンスができなくて落ち込むのはいいと思います。

なぜ、ああできなかったんだ!とか。


でも、自分よりうまい人、強い人がでてきちゃったら、

ジャッジの採点が自分に有利でなかったら、

たとえ自分が自己ベストを出せたとしても、それはもうどうしようもないことです。


なんで、あの人が審査員だったんだ!
なんであんなうまい人が彗星のように出てきたんだ!

といっても空しいですよね。
それは、不確実なことなのです。


確実性のあるものは、

自分が持てるものを発揮できるかどうか。
去年より成長した、と実感できるかどうか。

そういうものです。


不確実なものを自分の達成感の証にすると、大変になります。

マラソンで金メダル。

これはもう、自分が前回より進歩していても、その上を行く人がいたらとれないわけです。
不確実な目標を立てる人は、本当にすごいレベルなんでわかりませんが。

フルマラソンで4時間を切る。

こういう目標なら、確実性があり、いいのではないでしょうか。

反対する人を説得するより実行 母の書道会

10/26
母は書道家だったんです。(健在ですが、今は書いていないので。) 

師範となってから、母が自宅で書道教室を始めました。教室と言っても、月に一回集まったとき添削したり練習したりして、あとは自宅で練習するだけ。月会費3000円の、ごく普通の書道会でした。 

母は、開設にあたり、生徒募集のチラシなど一枚も印刷したりしませんでした。A新聞(メジャー紙)地方版の、募集コーナーにのせてもらったのです。 

まず新聞社から電話がかかってきて、 Qなにを目的としてやる活動か? A生きがいです。 などと質問されていました。 どうやら選考に通ったようで、新聞に載りました。 ほんの3行ほどの。  

それから、うちの電話がなるなる! 
メールなんてありませんでしたから、問い合わせはすべて電話です。 

祖母が電話に出ると新聞を見た人が、新聞みたんですけど、とかなにやら言います。
何の話?? 

母が、それ私です、と電話を代わります。(おいおい) 

それが何回も何回も繰り返されました。 

祖母は、家でそんなことやるなんて聞いてないぞ!とご立腹でした。 

母から聞いたことは、 そんなの相談したら、だめっていうにきまってるじゃない!(否定できない) 

全国紙の東京版の募集コーナーにいきなり掲載して、まんまと書道教室を始めてしまったのです。 さすが全国紙東京版。初回も結構人が来ていました。 


教訓は、 なにかをやりたいと思ったら、 止めそうな人にお伺いを立てるなんて無駄。 

今までのフィールドに波風立てられるのを人は好みません。 水を差すことがほぼ決まっています。 ドリームキラーですね。

たとえば、夫は妻の活動に賛成しているのに、義母や義弟が反対するとか。  
許可をとろうとか、理解してもらおうとか、話し合おうなんて、逆効果です。
 
ごく自然に実行してしまうことです。 それを見るのに慣れてもらうことです。

ちなみに、母四十からの手習いだったので、私に書道は遺伝していません。残念!



無料メルマガ全4回

完璧な成功を求めると一生始められない 山月記の虎

03/13
前にもこのブログで触れたと思いますが、

山月記という中島敦氏の作品を、

国語の教科書で読みました。


臆病な自尊心と尊大な羞恥心

でしたっけ。


主人公は、

科挙で名前があがった秀才でした。

つまり旧帝大卒、キャリア組とでもいいましょうか。


しかし彼はすぐれた詩人になることを望み、

他の官僚と”平凡に働く”ことをよしとせず、役人を辞めてしまいます。


かといって、プライドが高い彼は、

作品をサークルで批評しあうこともなく、

師匠に弟子入りすることもしませんでした。


詩人としての名声は一向に得られません。

妻子もいます。


かといって、かつて見くびっていた同僚や後輩(すでに出世した)のもとで

今更働くのも自分で許せない。


結局、その自尊心と羞恥心のせいで、虎になったり、

また人に戻ったり。


そして、どうもそのうち完全に虎になってしまうことに気づきました。


山奥にこもり、すべてを捨て、一人で生きています。


エリート仲間にたまたま会い、

家族のことを託し、

山の中に消えていきます。

物悲しい咆哮を発して、物語は終わります。


李徴は完璧な詩人としての名声を求めましたが、

結局なにも為すことができませんでした。


公務員はいや

人の教えを乞うのもいや

いまさら後輩の下で働くのもいや


今風にいうと、なかなかイタイ主人公ですね。


完璧でなくても、

働きながら作品を発表していくことはできたでしょう。

人の評価を受け入れて、上達していくこともありえたのに。


彼はプライドを捨てられず、名声のみを求め、そして破滅しました。


上手になってからデビューしようとするなら、じいさんになっちゃうよ。


これはあるミュージシャンの言葉です。

完璧主義はアートを殺すのです。


6/18 ピアノボディスクール 残席2 HP
プロフィール

かおり

Author:かおり
アレクサンダーテクニーク研修生によるピアノレッスン
グランドピアノと演奏に役立つ解剖学を使ってレッスンをしています。
HP kaorikitagawa.jimdo.com
もっと上達したい、いい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けないというを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活し、念願のオーケストラとの共演も果たしました。

アレクサンダーテクニーク教師養成コース研修生として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender

英語
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

最新記事
無料メルマガ登録
美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム