アレクサンダーテクニーク研修生によるピアノレッスン

ピアニスティックノート

ピアニストならだれでも知っておきたいからだのこと の訳者でもある、
音楽医科学者の古屋先生の本。

2011年に出ているので読んでいる方も多いと思います。

著者自身、ピアノが好きだけれども体を痛めてしまった若い頃があったそうです。(どこかで聞いた話だ^^;)

ピアノを弾くとはどういう行為なのか。
ピアニストは他の人と何が違ってあんな演奏ができるのか。


筋肉
神経
などなど諸々の要素を
科学的に検証する研究が
海外の研究機関でおこなわれるようになってきました。

何歳から始めたか
練習時間総量
テクニックを維持するのに必要な練習時間
前腕を振り下ろすとき、ピアニストがやっていること
タッチする瞬間の衝撃をどう逃がすか
前腕の負荷を減らしその分肩や大胸筋を使う

そのほか、
初見、視奏などの
ピアニストの脳の活動などにも言及しており、
興味深いです。

音楽を聴くと、聴覚のほか、
指を動かす脳の部位も働く。

これは演奏家に特に顕著ですが、
趣味で楽器を弾いたことのある人にも
起こっているそうです。

音楽の実技の授業をアメリカで削減しようという
動きがあるそうですが、
この研究をしたアメリカの学者は
強く反対しています。

楽器を演奏する経験は、プロにならなくても
脳の活動という意味でとても有益だからです。

学校を終えた後も、生涯、音楽を聴く体験が
より豊かになる、ということでもあります。

上手にならないならやめてしまえ、というのは
短絡的だということが、科学的にもわかったわけですね。

科学者も認める楽器演奏と音楽鑑賞の効能。

いやあ、やっぱりピアノっていいですね。


あなたのパフォーマンスを妨げるものを排し、
本当のあなたの音の可能性に出会ってみませんか?

アレクサンダーテクニーク教師養成コース研修生による
ボディマップを活かした、
ピアノを楽に弾きたい方のための体の使い方スクール 11/12.19と 11/29ワンデイがあります。
テーマ : ピアノ    ジャンル : 音楽
  1. 書籍
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

もう前に取り上げたか記憶がないので、かぶっているかもしれません。

この本面白いんです。

どうして人間にはほかの動物のように
求愛シーズンがないのか。

馬や牛は生まれてすぐ立てるのに、
人間の新生児は歩けないのか。

そうしたことにすべて理由があることがわかります。

また、4年以上結婚していたカップルは
それ未満で離婚したカップルより、
離婚の痛手を強く受けます。

その4年にも意味があるのです。

人間が直立歩行により両手が使えるようになったこと。
言語を操り道具をあやつり、脳が大きくなったこと。

それで未熟なままでないと
まず生まれることができないわけです。

赤ちゃんが歩けるまでお腹にいたら、出られませんからね。

その赤ちゃんが歩けるようになるまでは
子育てを夫婦ですることがサバイバル上望ましかった。

だからすぐ歩いて群れについていける動物と違い、
人間の女性の出産可能サイクルは謎になっています。

いつ求愛すればいいかがわからず、
まあ、いつも結婚していることになりますw

そして4年もたてば赤ちゃんもかなり歩けるようになっているし、
別れがたい絆も生まれているというわけ。

愛と呼んでいるものも、
元をたどれば必要に迫られて
進化してきたから生まれたのでしょうかね。

年賀状によくつかわれるタンチョウ鶴は
一生添い遂げるといいますが、
オシドリは毎年別の鳥と結婚します。

なので、おしどり夫婦は間違い!

なんかロマンチックじゃなくなってしまいました^^;

情熱を永遠の愛情と間違えないようにしないといけませんね。
テーマ : art・芸術・美術    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. 書籍
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

大ベストセラーになったバカの壁。
手に取った方も多いのではないでしょうか。

なにかにつけ私も書いているのですが、
養老先生が学生に言われてもっともがっかりする言葉がこれ。

それをやったらどうなるんですかあ?

教育の結果は予言できません。

あとから、ああ、こうなるのね、というのが教育です。

それをやったらなにかあるから、まずやってみろというわけです。

内田樹先生も書いておられますが、
若い人のなかには、資本主義的原則を教育にも持ち込んでしまう人がいます。

これだけ労苦を払ったら、どれだけメリットがあるか?
それを聞いて、得しそうならやると。

だまって男はなんとか、というCMがありましたが、

やればわかるの!
やってみて。話はそれからだ!
テーマ : art・芸術・美術    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. 書籍
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

学校に通っていた頃、国語の教科書には必ず悲しいお話、印象的なお話がのっていたものでした。

うろ覚えですがいろいろありました。

ごんぎつね 続編を授業で書きました。
もちもちのき 切り絵が忘れられません。
ひとつの花 父さんに赤紙(;_:)
最後の授業(英語の教科書で。フランス語の扱いが史実とあまりに食い違うのでだいぶ前に教科書には載らなくなったそうですが)

高瀬舟      高校でしたが、保健室に行った子がいました。
山月記      臆病な自尊心と尊大な羞恥心! 隴西の李陵は、、。
城之崎にて   志賀直哉いいっす! 療養中にみたイモリ?に石を投げたんでしたっけ。
羅生門      人間とはかくも醜い。
老人と海     英語でした。ヘミングウェイ。こういうのはいいですね。

教科書ではありませんが
泣いたあかおに  切ないですね。幼稚園のためあとお違いが読めず、お顔に?と最初思いました。 
かわいそうなゾウ これは反則です。

ぱっと思い出せるのは少ないです。
まとめサイトにはいろいろなお話とコメントがあって、私あまり知らないなあ、と思いました^^;

よく考えると、子どもや思春期の子にこれはインパクトありすぎじゃないの?
と思えるものが結構ありますね。

私自身の教科書にはありませんでしたが、

ちいちゃんの影送り
夏の葬列

これは息子の教科書で知って、また鬱なお話を読んでしまった、と思いました。

こころ
とか
舞姫
とか、気持ちいい話ではないですよね。

坊っちゃんや吾輩は猫であるは好んで読みました。

古典になりますが、源氏物語という主人公がかなり^^;という大正義がありました。大人になってからハマりました。
今は割愛しますが、いろんな人間関係の問題をすべて網羅しているんです。

徒然草や枕草子は今読んでも通じるものがあり、面白いと思います。
兼好や清少納言は、今でいうカリスマエッセイスト、ブロガーですね。

国語の教科書って今読むと、またいろいろ感じるものが変わってくるでしょうね。
今は感想文のためのおすすめ図書コーナーがあるので、懐かしい本があるかもしれません。
テーマ : art・芸術・美術    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. 書籍
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

今日は、ドミニック・ローホー著

ゆたかな人生が始まる
シンプルリスト

を読みました。

前の著書もご紹介しましたが、続編があったので。

前はライフスタイルを中心にした、シンプルで美しい暮らし、生き方みたいなものを書いておられました。
ワードローブで持つべきもののシンプルリストなど。

著書の考え方にとても共感したので、この本も求めてみました。

今回は、好きなこと、やりたいこと、好きなもの、
そして嫌いなもの、やめたいものなど、
いろいろな事柄をリストにする実践的なワークとなっています。

本当にやりたいこと、好きなもの
人生にとって大切なもの

アーティストに限らず、
そういう根本的なところを自分で探求したい人におすすめです。

いいえ、人は誰でもクリエイティブ!そう書いたジュリア・キャメロンのモーニングページも紹介されています。

書くことで、考えがはっきりしたり、
潜在意識が行動へ向かっていくようになり、
実現がしやすくなります。

これは書きだそう、というワークに共通する考え方です。

それから、あまりやりたくないことを後回しにすると
精神的にはずっとよくないので、
先にやってしまうといい、という
耳の痛い話も出ています。

そうです。宿題とかね。
やってしまったほうが、気分よく夏休みを過ごせますよね。

メールは後で返信しますと書く、即返信するか、削除する
のいずれかに、という風に、後回しを避けられるなら避けるとか。

今答えが出ないなら、後で考えても答えは出ないのではないでしょうか。

ペンディングは必要なこともありますが、
思い切りも必要ですね。

きょうのブログはこれでいいのか?
迷うなら書いてみなはれ!ですよ。
テーマ : art・芸術・美術    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. 書籍
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

かおり

Author:かおり
アレクサンダーテクニーク研修生によるピアノレッスン
グランドピアノと演奏に役立つ解剖学を使ってレッスンをしています。
HP kaorikitagawa.jimdo.com
もっと上達したい、いい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けないというを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活し、念願のオーケストラとの共演も果たしました。

アレクサンダーテクニーク教師養成コース研修生として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender

英語
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

無料メルマガ登録

美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -