category: AT

アレクサンダーテクニーク教師(仮免実習中)になりました!

No image

こんにちは。本日、無事最終のアセスメントに合格いたしまして、アレクサンダーテクニーク教師(仮免許)となることができました。2012年4月にプロコースに入学して、まる6年。ついに節目を迎えることができました。あとは第3段階というのですが、教育実習をしながらクラスに出席して学びます。つきましては、実習レッスンを受けてくださる方を募集します。手続き料15000円をいただきます。受講料は不要。30分の個人レッスンを10回...

腕の付け根で大革命!!やはり大事なことなのでもう一度言います

こんばんは。東京は朝からすごく寒い日が続いています。昔は私、手先がとっても冷えてしまっていて、お風呂に入ってからでないとピアノが弾けない、っていうレベルだったんです。そういう末端が冷え性気味の方は多いかと思います。冬が苦手なピアノ弾きさんですね。それでも、体の仕組みをちょっと実践していくと、血行が徐々によくなっていくんですよ。たしかにお風呂に入るほど冷えることもなくなったなあ、と、冬になると気づく...

練習とは動きを洗練するプロセスです キャシーの言葉

No image

アレクサンダーテクニークの先生を養成する先生を、マスターティーチャーと呼びます。シアトルのキャシーは世界的マスターティーチャーの一人です。毎年日本で教えてくれています。今日は彼女の言葉を紹介します。ホルンを吹く生徒さんが、どうして練習をするのかという疑問を持った時でした。プロの人たちも練習します。それは動きを洗練するためよ。キャシーはそういいました。わかっていそうで、あまりわかっていなかったことで...

自分で学び続けるテクニーク

No image

アレクサンダーテクニークを学んでいて、すごく大きな恩恵だな、と思うことがあるので、今日はそれをご紹介します。演劇や歌、演奏の悩みをもって学び始める人が多いです。そしてありがたいことに、レッスンを重ねるにつれて、その悩みがどんどんほぐれていきます。しばらくして、また新しい課題が現れてきます。最初は、いつまでもこれが続くの?!と思うのです。私たち人間とはとても複雑で繊細で精密な存在です。これでよくなり...

保留する勇気

No image

こんばんは。更新が久しぶりになってしまいました。個人的には高校生のお弁当作りが、25日間に23回、みたいな生活でした。2学期は活発ですものね。そして、コンチェルトを引き続き勉強しています。そのピアノですが、幸か不幸か、終わってから気づくことが多すぎて。終わってからのほうがぐーんと向上している気がします。むしろ喜ぶべきですね。そんななか、アレクサンダーテクニーク教師養成コースでの学びも、3段階を前にしてテ...