どう座る?骨盤と坐骨 ピアニストのための解剖学

クラシックピアノを弾く時、私たちは椅子に座っています。小柄な女性ピアニストが、ラフマニノフのコンチェルトなどで瞬間お尻を持ち上げる時もありますが、必ず椅子があり、そこに座ることに間違いないと思います。意外なことに、常に座っているにもかかわらず、椅子にどう座るべきか、確信がある人はあまりいません。一つにはお尻や腿の裏に筋肉や脂肪が多く、使っている骨を感じにくい、ということがあるでしょう。足を踏ん張る...

続きを読む

プロフィール

かおり

Author:かおり
美しい音を探求するピアノボディスクール
グランドピアノと骨格標本を使った講座・レッスンをしています。
HP kaorikitagawa.jimdo.com
もっといい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けないというを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活しました。

アレクサンダーテクニーク教師養成コース研修生として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender

英語
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

無料メルマガ登録

美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ページの先頭へ戻る