Archive | 2014年09月

ジュリア・キャメロンの言葉 78 2014.7.27.ブログより

09/30
モーニングページをどうすればいい? 

モーニングページは一種の瞑想だと私は言っています。そして瞑想を再現できないように、モーニングページを振り返る必要はありません。

わたしはよく冗談で”まずモニペを火葬して、それから死体の心配をしなさい”と言います。 私は人々が自分のモーニングページを燃やし、引き裂き、埋葬するのを見てきました。

私自身はというと、何年もモーニングページを保存してきました。”いつか回顧録を書く時必要だから”と言って。でも、実際回顧録を書いた時、私はモーニングページに頼らなかったのです。私の記憶は鮮明でした。おそらくモーニングページを書いてきたからでしょう。

モニペは私たちを自分の人生の現在に居させることができるのだと思います。モニペに執着することは自分を自己中心的にします。だから私は”書いてそして手放す”でいいと思うのです。


What to do with Morning Pages? Posted on July 27, 2014 by Julia Cameron

I say that Morning Pages are a form of meditation. And just as we cannot repeat a meditation, we do not need to review our Morning Pages. I often joke, “First cremate the pages, then worry about the body.” I have had people burn, shred, and bury their Morning Pages. Speaking for myself, I saved my Morning Pages for many years, saying “If I ever write a memoir, I’ll need them.” However, when I did write a memoir– Floor Sample– I found that I didn’t consult the Morning Pages. My memories were vivid, probably because I had written Morning Pages. I believe the pages render us present in our life. Obsessing over our pages renders us self-centered– so I believe in “write them and let them go.”
プロフィール

かおり

Author:かおり
アレクサンダーテクニーク研修生によるピアノレッスン
グランドピアノと演奏に役立つ解剖学を使ってレッスンをしています。
HP kaorikitagawa.jimdo.com
もっと上達したい、いい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けないというを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活し、念願のオーケストラとの共演も果たしました。

アレクサンダーテクニーク教師養成コース研修生として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender

英語
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

最新記事
無料メルマガ登録
美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム