アレクサンダーテクニーク研修生によるピアノレッスン

ピアニスティックノート

2年近く前(うるおぼえ)に体調を崩して、ここ1年近くでだいぶ良くなった私です。

はっきりとは言えないのですが

最初は冷房病?
それから過敏性腸症候群?
不眠気味

まあ自律神経のなんとかっていう、はっきりとはいえない症状でした。

おかげさまで8月くらいからよくなってきて、
半年ほど前からかなり元気を取り戻し、
お仕事やライブをすることもできていました。

がが、、

5月下旬、ちょっと冷房のあたるところにいることがあり、
カーディガンやストールをしてはいたのですが、
風がスイングしていなくて軽く直撃していたのです。

そういえば電車も弱冷房車でなくて涼しいな、と思っていたきがします(^_^;)

その時は大丈夫だったのですが。

翌日からズズーンと体調が急降下してしまいました。

やってしまった!

お風呂にちゃんとはいること
睡眠をとること
冷えないような対策をとること
ストレスをためないこと
適切な食事

本当に大事ですね。

油断しておりました。

冷房病というと軽く聞こえますが、
自律神経の調子がおかしくなるのです。

アレクサンダーを習っていても、
冷房はやはり冷房。
わたしにとってはきをつけるべきものでした。

皆様も気を付けて、夏を乗り切ってください。

6/28 ワークショップのお申込み受付中です。
HPはこちら
テーマ : ピアノ    ジャンル : 音楽
  1. 心と体
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

かおり

Author:かおり
アレクサンダーテクニーク研修生によるピアノレッスン
グランドピアノと演奏に役立つ解剖学を使ってレッスンをしています。
HP kaorikitagawa.jimdo.com
もっと上達したい、いい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けないというを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活し、念願のオーケストラとの共演も果たしました。

アレクサンダーテクニーク教師養成コース研修生として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender

英語
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

無料メルマガ登録

美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

« 2015 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -