タイトル画像

自分なりの基準を持つ ジェレミーのレッスン

2015.12.30(06:30) 754

13日は、久しぶりにジェレミーのクラスに参加しました。

演技のオーディションで緊張するという人がいました。

その背後にあるアイディアは、

審査するがわに自分を聞いてもらえない

というものでした。

でもその実、

自分で、自分を聞いてもらえないと決めていたのでした。

聴いてもらえない、というのは、
過去の経験から作り上げた想像の投影です。

オーディションに来て、と連絡をくれたんだよね。

相手は

あなたに会ってみたい
声を聴きたいと思ったから

あなたはここにいるのでしょう?

確かに!

役がとれる、とれないは相手が決めること。

自分がそのオーディションでうまくできた、

と定義できる基準を自分で持つんだよ。

とジェレミーがいいました。

それを受けて、

各自が時間をとって、

仕事でも、レッスンでも、演奏でも、演技でも

これができたら自分なりに◎!

というリストを作りました。

最低5個、と言われましたが、
なかなか難しい。

ジェレミーがさらに言います。

もし、その基準に他人が絡んでいたら、除外してください。

つまり、

生徒さんが喜んでくれたから◎
相手が変化したから◎
良かったよと言われたから◎

のように、相手の言動が関わる基準は、基準としてNGなのです。

そんなの、まったく関係ないんです。
とジェレミーはいいます。

自分の権限を委譲してしまうからです。

そして、感覚的な言葉が入っていたらご用心。

落ち着いて話せた時。

という回答に、

ジェレミーは、

落ち着いてといっても、
四六時中落ち着いていたい?
時には大きな声も出す必要があるよね。

と言いました。

確かに。

ATで習っているティーチングなら、

自分で自分の協調作用をお願いし続けられること=
頭と脊椎の関係性を考え続けること。
生徒さんを招く、inviteできたこと。

これが第一条件です。

自分でこれができたから成功と呼べるクライテリア。

それがあってこそ、
本当に自分に自分で評価を下せるのです。

アートでも仕事でも同じ。

クライテリアをリストアップしてみると、
自分の価値観がよくわかり、
さらに掘り下げることができます。

今年も終わりです。

本当になにをしたいのか?
実はふかーいテーマですよね。

私もクライテリアを考えてみたいと思います。

ピアニスティックノート


2015年12月
  1. 自分なりの基準を持つ ジェレミーのレッスン(12/30)
次のページ
次のページ