Mariaを歌うカレーラス、バーンスタインと ウェストサイド物語より

08/23
私の大好きなミュージカル ウェストサイド物語のレコード作成で、作曲者バーンスタイン自らが指揮しています。
ノッテくるとメガネをはずし、伸び上がって指揮するマエストロ!!
貴重な映像です。

まず黒いシャツの若きカレーラス。
名曲マリアの収録に挑みます。
楽譜じゃなく、俺を見ろ!とバーンスタインは言いますが。

うまくいかず、途中で収録の時間切れになります。
Maria1

3小節だけ別に歌わせてというカレーラスの願いは聞き入れられず、明日に持越し。
さすがにくさります。

翌日は白いシャツで現れたカレーラス。
バーンスタインのシャツはオレンジのまま。
さて本日の収録の首尾はいかに?
Maria2

最後のフレーズ、鳥肌です。
見事にOKが出ました。
作曲したバーンスタインも、見事歌い切ったカレーラスも本当に素晴らしい!
既に70代だったマエストロの芸術への執念と、カレーラスのプロ根性には脱帽です。
一流の世界ですね♪

このレコーディングには、キリテカナワやタチアナ・トロイヤヌスも花を添えています。
テレビで放送されたのをよく覚えています。

お巡りさんをからかう歌が好きだったなあ。

メイキング映像は、レコード聞くより面白いかも。
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

かおり

Author:かおり
アレクサンダーテクニーク研修生によるピアノレッスン
グランドピアノと演奏に役立つ解剖学を使ってレッスンをしています。
HP kaorikitagawa.jimdo.com
もっと上達したい、いい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けないというを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活し、念願のオーケストラとの共演も果たしました。

アレクサンダーテクニーク教師養成コース研修生として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender

英語
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

最新記事
無料メルマガ登録
美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム