スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この時を慈しめ

一期一会という記事を先日書きました。

今日、プチ発表会という形で、コンサートの練習を人前でしたので、その音源を帰宅後聴いてみました。

止まらないで弾くということはほぼ出来ていました。新しい体の使い方も、随分実践できるようになりました。ですので、大変な曲ではありましたが、わりと落ち着いて気持ちよく弾けました。今回人前は初めてでしたが、それにしては上出来の部類ではあります。(もっとも9年前に弾いていましたが)

再現部は練習より速くしたのですが、録音を聴いてみて、もう少し大事に弾けば良かったと思いました。そうすれば、もっと上手く弾けたであろうと想像がつくのです。惜しかったのがたくさんあったのです。

ゆっくりにする、ということよりも、今、この曲を弾く、この一回を、もっと慈しんで、この一音を慈しめば良かった!という気持ちです。

その時集まった方、プログラム、演奏内容、お料理。すべて二度とないものです。そして、私がこの日この時この曲を弾くことも二度となく、同じ演奏はもう起こりえません。

本番まで練習するから、という気持ちがどこかにありました。昔ほど、早く終わってほしい、とは思わなくなりましたが、やはりここまでいろいろ気づいているなら、もっと自分の出している、その音を慈しめたはず。弾き方がどう変わるかはわかりませんが、経験上、慈しもうとすれば、なにかが変わっていたはずです。

出会いだけでなく、これからは自分のピアノも、そう思って弾いてみます。

- 0 Comments

Add your comment

- 1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  まとめtyaiました【この時を慈しめ】
  • 一期一会という記事を先日書きました。今日、プチ発表会という形で、コンサートの練習を人前でしたので、その音源を帰宅後聴いてみました。止まらないで弾くということはほぼ出来て...
  • 2012.05.05 (Sat) 15:05 | まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。