スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジアNo.1ユースのいいピアニスト、ユジャワンの背中と骨盤にご注目!!

今日、熱きピアノ愛好家たちの大演奏会を聴きました。よくぞこの曲を!というすごい意欲的なプログラムで、楽しめました。

ホロヴィッツ編曲のピアノ版カルメンを弾いた方がいらっしゃいました。彼女の、肘より手首が高くなるくらいのポジションは、まさにユジャ・ワンを思い出させてくれました。

それで早速ユジャの動画を見たんですが、今の私は彼女の腰と背中にご注目、となっていました。セーターとジーンズで弾く彼女はとても気持ちよさそう。すごく複雑な曲なんですけれど、感じさせません。

据わりがいい!!座り方です。見事に二つの坐骨の上でバランスしています。腰がウエストで反ることもありません。ナイスに前後の筋肉が必要なだけ働いている証拠です。そう、この腰の据わり方、ナイスに自然な状態よ!!!!(私への叫び)

肩甲骨が後ろに出っ張ることもありません。腕についていっていますから。

左右に体重が移動するのも、坐骨の支持が崩れることなくスムースです。

そういう腰、背中、体であるから、両手があれだけ自由に動けるということが良く分かります。

最初は肘と手首の位置、apex(頂点)を作る力の伝達に気づきましたが、新しい発見があります。これも自分の成長なのかしらん。ユジャのユースに近づきたいものです!!

- 0 Comments

Add your comment

- 1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。