アレクサンダーテクニーク研修生によるピアノレッスン

ピアニスティックノート

昨日、ATのレッスンで、先生が、声帯の話をしたんだけれど、その時、どんな風に首を動かしても、声帯は独自にぶら下がっていられる筋肉があるから、声はちゃんと出すことができる、といって実演してくれました。

その仕組みをわかっていないと、姿勢の悪い人の役を演じる俳優さんは困るよね、っていう話になって、リチャード三世とか。っていう言葉が出ました。

シェークスピアのの有名な悲劇で、その名も”リチャード三世の悲劇”が戯曲の正式タイトルになっています。

ほとんどがリチャードの独白のようなこのお芝居。ハムレットにならんで演じがいのあるシェークスピア作品の主人公です。

怪異な容貌にコンプレックスを持ち、愛されず愛さず生きてきたリチャード。残忍で狡猾。王座だけを渇望する野心家。政敵を葬り兄を殺し、自分の地位を脅かすものは王子でさえ容赦しない。戦争で殺した相手の未亡人をまんまと自分の王妃に据える。彼の野心の結末はいかに??これもまた名せりふがあるんですよ。

出だしは有名な独白。Now is the winter of our discontent made glorious summer by this Sun of York.

今や不満の冬は去り、ヨークの太陽(息子)によって輝かしい夏に道を譲る、という意味。シェークスピアお得意のサンで二つの意味をかけています。Nowという言葉で、ぐっと聞き手を臨場感のあるストーリーの世界にひきこみます。

生まれつき背中がまがっているリチャードが現れ、この文句で始まる台詞を言います。これをどう見せるのか。演出家の腕の見せ所です。

そこで今日はシェークスピア関連で私の好きな映画をおすすめします。

アル・パチーノ主演 リチャードをさがして
これは、リチャード三世をやろうと思うんだけど、っていろんな人にインタビューしながら、アル・パチーノが長く魅せられてきたこの作品に取り組もうとする、ドキュメンタリー仕立てのムービー。NYの町でいきなり暗殺劇が始まったり、お芝居と現在進行のドキュメンタリーがクロスオーバーする、シェークスピア好きには楽しめる映画だと思います。インタビューにはブラナーも出ています!

世にも憂鬱なハムレットたち
これはマイケル・マローニ主演、ケネス・ブラナー監督のモノクロ映画。これはリチャード三世ではなく、ハムレットを上演しようという俳優たちの悲喜こもごもを描いた❤ウォーミングムービー。オーディションで例のリチャード三世の出だしを披露する受験者が出てきます。やっぱりいるんでしょうね。

から騒ぎ
これもケネス・ブラナー監督主演の映画。ひたすらウィットとユーモアをきかせて、美しいイタリアの自然を舞台に作られた、私の大好きな映画です。相手役はエマ・トンプソン。二人のかけあいは本当に素晴らしいです。エマのセリフをどんなにまねしたことか?シェークスピアなんて難しそう、という方にはとてもおすすめです。デンゼル・ワシントン、マイケル・キートン、キアヌ・リーブスらが脇役という豪華なキャスト。

まだ見ていませんが、ロードオブザリングでガンダルフを演じた老紳士サー・イアン・マッケランが演じたリチャード三世は20世紀を舞台にした映画で、面白そうです。銃で武装してクーデターとか。

リチャード三世:舞台では、昨年ケビン・スペーシーが主演したプロダクションがとてもかっこよさそうでした。やはり題材が素晴らしいから、素晴らしいお芝居につながるのでしょう。youtubeでちらりとしか見られませんでしたが。なんとか全編見てみたいものです。


テーマ : 洋画    ジャンル : 映画
  1. アート
  2. / trackback:1
  3. / comment:0
  4. [ edit ]



 管理者にだけ表示を許可する
 

まとめtyaiました【リチャード三世】

  1. 2012/06/19(火) 00:52:26 |
  2. まとめwoネタ速neo
昨日、ATのレッスンで、先生が、声帯の話をしたんだけれど、その時、どんな風に首を動かしても、声帯は独自にぶら下がっていられる筋肉があるから、声はちゃんと出すことができる、

プロフィール

かおり

Author:かおり
アレクサンダーテクニーク研修生によるピアノレッスン
グランドピアノと演奏に役立つ解剖学を使ってレッスンをしています。
HP kaorikitagawa.jimdo.com
もっと上達したい、いい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けないというを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活し、念願のオーケストラとの共演も果たしました。

アレクサンダーテクニーク教師養成コース研修生として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender

英語
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

無料メルマガ登録

美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -