アレクサンダーテクニーク研修生によるピアノレッスン

ピアニスティックノート

時折、私は願い事のリストを作ります。リストによって私は明晰になります。明晰さが、足りないパズルの欠片を引き寄せてくれるようです。

アートは霊的な活動であり、私たちは皆等しく神様に源泉を持つのです。

あなたへの贈り物が神様から来ること、贈り物を生かすことが神様へのお返しになることを信じましょう。

常にうまく描いたり、書いたり、線を引いたりすることを自分に強要すると、私たちは自分の批評家に創造的プロセスを乗っ取らせてしまうのです。

アーティストはアーティストを知る、コミュニケ―ションの魔法があると思うのです。目をボールから離さないでいられます。

しらふで仕事をする生活は、どんちゃん騒ぎするワイルドさに欠けるでしょう。しかし同時に二日酔いで後悔することもないのです。

私たちは自身の芸術性を、日々の、ドラマティックでない、”しらふ”で仕事をする習慣で満たすべきです。

宇宙はそのサポートにおいて寛大です。私たちは受け取るものに対してけちけちしてはいけません。


自己憐憫は他人からの賞賛が足りないことに根差しているように見えるけれども、実は自分で自身の価値を下げていることに根差しているのです。

アーティストとして私たちは信頼を育まねばなりません。

歩くことは、祈りとして非常に効果の高いものです。

アートは広がりと、十分な供給という感覚の中に生まれます。それのもたらす豊饒の感覚を得るため、私たち自身をを甘やかすことが重要になります。

私たちは皆生まれつき直観的だというのが私の信念です。そして書くことが洞察へアクセスする内なる霊的なドアを開いてくれるという事も。

他の誰かがやっていることが私たちの心に食い入る時、自分のやっていることをよく観察すべきです。

私たちは常に創造的なアクションにより力を与えられます。そして私たちにとれる創造的アクションが常に存在するのです。

”ヒット作を書かねば”というのはスタート地点としては滑りやすいのです。”自分が書くべきものを書かねば”といえば、もっと足場が安定したところになります。

名声という麻薬に囚われると、私たちは自分をハリウッドの基準と比較し、自らアクションをとることをやめてしまうという危険に陥るのです。

退屈を感じるのは不都合なことです。それは”さあ、動き出しなさい。深く見なさい。もう少しガンバリなさい。”といっているのです。

意識的に想像力豊かな解決を探そうと自分にさせる時、私たちは楽観主義とインスピレーションを与えられるのです。

想像力は私たちの一部です。思考そのものと同じように、私たちのものなのです。

私のいとしい娘、私の愛の仕事、ハッピーバースディ、ドミニカ・キャメロン-スコセッシ!

退屈してもそれは私たちが”アイディアが尽きた”ということではないのです。私たちが次に進む準備ができたということなのです。

私は主張します。ある年齢になったら遊びでは何も生まれない、などということは決してありません。

すべてのアクションは創造的なエネルギーを必要とします。アーティストとして、私たちは常に問わねばなりません。”私は自分のエネルギーを賢明に使っているだろうか?”

物事について明晰になるには努力がいります、、。ぼんやりしていて私たちの考えを明確にする時間をとらないでいることは、いとも容易で、ずっと悲しいことなのです。

フォーカスして集中するという行為は、パワフルで、恩恵に満ちています。

テーマ : art・芸術・美術    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. アート
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]



 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

かおり

Author:かおり
アレクサンダーテクニーク研修生によるピアノレッスン
グランドピアノと演奏に役立つ解剖学を使ってレッスンをしています。
HP kaorikitagawa.jimdo.com
もっと上達したい、いい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けないというを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活し、念願のオーケストラとの共演も果たしました。

アレクサンダーテクニーク教師養成コース研修生として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender

英語
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

無料メルマガ登録

美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -