御礼:ブランチコンサート終了しました。

PB040006.jpg
本日、無事ブランチコンサートを終えることができました。

アレクサンダーテクニークのクラスメート、そのご友人のピアニストさん、息子の小学校のお母様、英語学校時代のクラスメートとそのご友人、会場ブルーティーさんのピアノメンバー、去年のオーディションで出会ったコンポーザーピアニストなど、本年も素敵なお客様にいらしていただきました。

今日の聴衆の方はピアニスト率が高かったです(^_^;)(^_^;)。

そういう時こそ、いま自分の出来る最善を尽くすしかないと思いつつ、無心で半分冷静に、半分熱中して演奏しました。

演奏開始時に録音するのを忘れてしまいました。後で聴けないと少しさびしいですね。これからは家族なり、どなたかにお願いすることにします。写真はお店の方にお願いして、ばっちり撮っていただきました。

当初の予定よりトークは短めにして、演奏していきました。スケルツォ4番でプログラムを終えたのち、アンコールに亜麻色の乙女とバッハのアリアを演奏しました。アンコールというか、時間がまだあるので、いつも自ら弾いちゃうんですけど。

ステージではなく道路側の床にピアノをおいて、いつもと違う雰囲気があり、お店を広く使った配置でした。ピアノと自分だけライトアップされた状態で、集中できました。

とても冷静な心持でした。実はこの2,3日風邪気味で、体調が気がかりでした。またドレスで腕を出すと寒いかも、とか思ったのですが、のども何とか大丈夫で、最後までお話ししたり演奏できました。

いらして下さった方はみなさん、喜んで下さいました。

いらっしゃれなくても応援してくれた方、レッスンしてくれた先生方、ピアノでお世話になった方々、体のケアの面でお世話になっている方々、いろんなかたのサポートがあって、この時間を持つことができたことを思うと、感謝の気持ちでいっぱいです。

いつも直前はこんな曲を選ばなければ良かった、、、など弱気になることもありますが、また来年も頑張ろうと思えるコンサートでした。

ありがとうございました。Concert 2012.11.04

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
美しい音を探求するピアノボディスクール
グランドピアノと骨格標本を使った講座・レッスンをしています。
HP kaorikitagawa.jimdo.com
もっといい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けないというを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活しました。

アレクサンダーテクニーク教師養成コース研修生として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender

英語
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

無料メルマガ登録

美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ページの先頭へ戻る