ジュリア・キャメロンの言葉 44 @ツイッター

11/25
(訳者よりお詫び)またまたご無沙汰してしまいました。11月は忙しいのに体調を崩してしまいまして、ツイッターでは翻訳していましたが、ブログにアップ出来ませんでした。直近のものが上に来ています。ツイッターと同様です。


基本的に、アートをするのは愛の行為です。意識的に、具体的に、愛情をもって私たちがパフォーマンスする時、神の恩寵がその計算式に入ってきます。

自分のために優しい行為ができるように、あなたの支出の中でどういう調整ができますか?

私達が自分を育んであげれば、私たちの精神、そして生活にも、ネガティブな要素が入りこむ余地が減るのです。

私達を傷付けた人たちのために祈れば、彼らに既に費やした私達の精神的エネルギーを前向きに使うことになります。

他人に対しポジティブに応えるのもネガティブに応えるのも私たち次第です。彼らが私たちに対しどうふるまうかに関わらず。

歩くことは私たちの思考を変え、見方をリフレッシュします。生活を通して私たちの道筋が変わるのは素晴らしいことです。

歩くことをおすすめする理由は、脚をストレッチすることで私たちは自動的に心と物の見方もストレッチするからです。今日は一人で散歩してみませんか?

アートをすることは人生を愛することです。私たちは愛へと同じように自分に自分を開いていくのです。

失意の時、私たちは自分の心から離れてしまっているのです。励まされている時は、私たちは自分の心と、それが駆り立てるアクションに向かって行っているのです。

失意の時、場合によっては何年もの間、を経験しなかったという本当のアーティストに会ったことはありません。私たちは疑いを抱くかもしれません。でも私たちは自分の疑いを脇において飛躍するのです。

私はアーティストとして長いこと生き延びてきました。ひとつには問題だけではなく、解決法を見つけることに意欲的であったからです。

モーニングページはサンタフェの自宅に私が落ち着くことを助けてくれます。ハリケーンサンディの影響を受けた方々が一刻も早く通常に戻れることを祈ります。

あなたの検閲官がいう否定的な意見は、真実ではありません。

海岸線がやっと晴れて、ロンドンからNYへ飛んでいます。無傷で見えるといいな。

今日一日ロンドンで旧友と過ごしました。馬の調教師ブリジッタ・ロイヤル。彼女は地に足がついていて、インスピレーションに富んでいます。

あなたが夢に向かって行けば、その夢もあなたに向かってやって来ます。

ニューヨークとハリケーンサンディの通過するところの方へ、心よりお見舞いと祈りを捧げます。

モーニングページはあなたを冒険に駆り立て、試しに物事をやってみたくするでしょう。

私は、霊的探求にはたくさんさまざまなものがあると思います。そしてそれらは同じところに私たちを連れて行こうとしていると思うのです、

ロンドンへの途中で。イギリスの生徒と同僚と過ごす週末が楽しみ!

注意は愛の行為、つながる行為です。

”これこれをやる時間があんまりない”といって先延ばしすることがあります。本当は時間ではなく私たちに勇気が足りないことが問題なのです。

私達が自分の作品にとりかかるにあたり、自分が今いるところから始めれば、どんなに不格好で未完成でも、現実のものから始めることになるのです。

私達が自分の生活に注意という贈り物を与えたら、私たちの意識は花開きます。

私たちは小さな一歩を歩いていくことで、創造性において大きな一歩を踏み出すことが出来る、これは私の信念です。

質問は、答えと同じだけ私たちを生かしておいてくれると思うのです。

私たちは仲間をよく選ばねばなりません。仲間はメンテが必要で、これにお返ししてくれる関係もあれば、返さない関係もあります。

自分の作品でやさしく作業する時、毎日、何であろうと、たしかに辛い時もある。でも別のことをするほど辛くないのです。

アーティストとして、わたしたちの全体としての平穏は、仕事をしている自分にかかっています。他人がなんと思おうとも。

アーティストの人生とは、ものごとがどうなされたかではなく、ものごとがどうやったら出来るか、というものなのです。

創造の上でのブロック(妨害)を解体するには謙虚さが必要です。そしてまたブロックを組み立てるのを防ぐためには注意深く謙虚さを実践していく必要があります。

アトリエの空間が必要だと思っているかもしれませんが、実はただ創造のための自由を欲しているだけかもしれません。今ここでなにができますか?

私たちがクリエイティブな生活の中で、スリップして停止してしまう時は得てして、スピリチュアルな生活でもスリップして停止してしまうのです。

根本のところで、アーティストとして私たちはアートを創る義務があります。アートとは、私たちの最も深いところにある本質を満たし、正しい方向性を与えてくれるものです。

アーティストとして、私たちは常に仕事がうまくいったらないいのにと思いますが、私たちは常に腹を決めて仕事をせねばなりません。この”常に”の部分は、自分でコントロールできることです。(あなたも作家になれる)

たとえその日のモーニングページが出来なかったり、週のエクササイズが終わらなくても、それを埋め合わせようとしないで--ただ現状に戻って来ることです。

アーティストとしてのキャリアを作るのは、小さなひと筆の積み重ね、そしてさらされること、一日一日トライすることへの意欲です。

アーティストのキャリアになるアートが自分の中にないと感じる時、それがアートの本質なのです。
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

かおり

Author:かおり
アレクサンダーテクニーク研修生によるピアノレッスン
グランドピアノと演奏に役立つ解剖学を使ってレッスンをしています。
HP kaorikitagawa.jimdo.com
もっと上達したい、いい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けないというを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活し、念願のオーケストラとの共演も果たしました。

アレクサンダーテクニーク教師養成コース研修生として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender

英語
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

最新記事
無料メルマガ登録
美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム