スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョン・オコナーのベートーヴェンブートキャンプ 2

ベートーヴェンのソナタの動画を見ていて、オコナーの動画見たら1時間楽しめるよ、というコメントに遭遇しました。それで貼ったのが前の記事なのです。

プラスチックのハエ叩きを振り回すオコナー先生。生徒と手を引っ張り合ったり、脇をこちょこちょしたり、生徒のすべてを演奏のために目覚めさせるため、あらゆる手段を使います。

そんなオコナーのレッスンを見ていて、ちょっとヴィヴィアン・マッキー先生を思い出しました。われらがアレクサンダーテクニークの世界的マスターティーチャーで、カザルスの弟子というチェリストであられます。

ヴィヴィアンも四つん這いになって背中に生徒さんを座らせたり、ご自分の大たい骨に生徒さんをまたがらせたり、ご高齢を感じさせない体を張ったティーチングをされます。エピソードを話すときの顔芸もアクトレス真っ青で、通訳している私もある程度まねたりして、ほんとうに忙しかった記憶があります。

アイルランド出身のオコナーはケンプに師事したベートーヴェン、リスト直系のピアニストで、全く同じではないけれども、ベートーヴェンの真髄が代々後進に伝えられていると語ります。

ベートーヴェンと言えば音楽室の肖像画、のイメージで、曲は知っているつもりでも、ジョンのマスタークラスに来て初めてベートーヴェンをひとりの人間として理解し始めた、という受講者がいました。

ジャジャジャジャーン!の運命、エリーゼのために、というイメージが強いのですが、音楽の新約聖書と呼ばれた32のピアノソナタ。これこそがベートーヴェンの真髄・真骨頂であるという思いが、このレッスンを見ていて新たになります。

彼のレッスンでは、単にテクニックを教えるのではなく、(受講生のテクニックはある意味申し分ないので)ここで世界が開けるんだよ、とか、まったく新しい視点でソナタをとらえ始めるのです。

体の使い方もポイントポイントで教えられます。前腕や手の甲に力が入っても、手首は柔軟なままで、とか。指の付け根の関節を屈曲していても、指は動ける、とか。肩甲骨も指先に連なって、とか。字幕がなくて申し訳ないのですが、かなり早口でジョンはいろんなことを解説しています。

頭と脊椎の話こそないけれど、体を動員して弾く、というオコナーのレッスンは、ほかのピアニストにはあまりないもので、新鮮でした。

見学している生徒たちが、面白いね、また先生やってるよ、といわんばかりの笑顔を交わしていたのが印象的です。

ちなみに、ジョンのピアノレッスンの通訳はあまりやりたくないですね。大変そう!

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。