音楽家のためのボディシンキングワークショップ with Basil

月曜日に、東京でアレクサンダーテクニーク教師バジルさんによるワークショップがあり、参加しました。

平たく言うと、体の仕組みを理解して演奏に役立てようという講座です。

実際にお互いの背中を触ったり、肩甲骨を触ったり、立ったり歩いたりしながら、ささいなことで体の動きのスムーズさが変わることを体験しました。

パーツごとに仕組みを理解したら、希望者が前に出てレッスンを受けました。

あらゆる金管楽器とコントラバス、チェロまで登場しました。パイプオルガン、マリンバ、ピアノもエアー楽器で練習です(^_^;)(^_^;)。

あっという間に熱い時間が過ぎました。特にわかっているようでわかっていない腕の動き。ちょっとした知識を得るだけで、体はうまくお仕事をしてくれます。

受講者の方とお昼休憩に出て、もどったら会場がのだめカンタービレ状態!思いっきり金管楽器が鳴っていました。それって純粋な練習ですよね?

楽器奏者の熱さに圧倒されながらも、自分たちのマニア度を思い起こし思わず苦笑い。。。

年に一度ワークショップに来ているので、そのたびに理解が深まりありがたいです。
P2110024.jpg
ws
ws2

0 Comments

Add your comment