ピアニストのためのボディマップ 本を買いました!

03/01
私はアレクサンダーテクニークの学校に通っています。
関節と筋肉を中心に解剖学を学びながらテクニークを習うコースに入っています。

その体の知識をピアノ演奏に生かし、同時に障害を克服し痛みを軽減しよう、
というのが私のもくろみな訳です。
もちろんピアノだけでなく、生活全般に役に立つ勉強なのです。

解剖学の教科書はとても詳しく動きに使う関節と筋肉について解説しているので、
テストの前には熟読?します。

今日は、いよいよピアニスト用のボディマッピングの本を買いました!
からだのこと


本の存在は知っていて、借りた事もあったのですが、購入して手元に欲しい!と初めて思ったもので。

ピアニストならだれでも知っておきたいからだのこと トーマス・マーク著

骨の図などが出ていて、最初はドッキリされるかもしれませんが、
段々なれますので、こういうことに興味を持っていただけると、
ピアノを長い間楽しむことが出来ると思います。ギターでも歌でももちろんそうです。

また詳しい内容は後日ご紹介してみたいと思います。
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

かおり

Author:かおり
アレクサンダーテクニーク研修生によるピアノレッスン
グランドピアノと演奏に役立つ解剖学を使ってレッスンをしています。
HP kaorikitagawa.jimdo.com
もっと上達したい、いい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けないというを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活し、念願のオーケストラとの共演も果たしました。

アレクサンダーテクニーク教師養成コース研修生として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender

英語
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

最新記事
無料メルマガ登録
美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム