タイトル画像

ピアニストのためのボディマップ 本を買いました!

2013.03.01(21:18) 342

私はアレクサンダーテクニークの学校に通っています。
関節と筋肉を中心に解剖学を学びながらテクニークを習うコースに入っています。

その体の知識をピアノ演奏に生かし、同時に障害を克服し痛みを軽減しよう、
というのが私のもくろみな訳です。
もちろんピアノだけでなく、生活全般に役に立つ勉強なのです。

解剖学の教科書はとても詳しく動きに使う関節と筋肉について解説しているので、
テストの前には熟読?します。

今日は、いよいよピアニスト用のボディマッピングの本を買いました!
からだのこと


本の存在は知っていて、借りた事もあったのですが、購入して手元に欲しい!と初めて思ったもので。

ピアニストならだれでも知っておきたいからだのこと トーマス・マーク著

骨の図などが出ていて、最初はドッキリされるかもしれませんが、
段々なれますので、こういうことに興味を持っていただけると、
ピアノを長い間楽しむことが出来ると思います。ギターでも歌でももちろんそうです。

また詳しい内容は後日ご紹介してみたいと思います。

ピアニスティックノート


<<ジュリア・キャメロンの言葉 48 @ツイッター | ホームへ | ジュリア・キャメロンの言葉 47 @ツイッター>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kaorilavender.blog.fc2.com/tb.php/342-63f19a5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)