ピアノライブ、詳細について

07/09
昨日、めでたくカデンツァさんのHPライブスケジュールに乗せて戴きました、8/31ピアノライブ。これを見てね、だけではあまりにもつっけんどんではないか?ちょっとそう思い直しましたので、少しご説明させて戴きますね。

まずプログラム。

モーツァルト  幻想曲 K397 二短調
        幻想曲 K396 ハ短調 
        幻想曲 K475 ハ短調
ショパン    ソナタ 第3番より 第3楽章 “ラルゴ”

ここで休憩です。

        ワルツ 第9番 “告別”
ブラームス  インテルメッツオ Op.118-2
ベートーヴェン ソナタ 第21番 “ワルトシュタイン”全楽章

モーツァルトは自由な形式の幻想曲がいくつかあります。純粋に幻想曲・ファンタジーという題の曲はおそらくこの3つだけです。ほかに、アダージョとなんたら、とか、組み合わさっているものがあります。

K397は有名で、ピアノを習っている頃弾いた事があるという方もいらっしゃると思います。私もこの曲を知ったのは、高校の音楽室でクラスメイトが弾いた時でした。

と同時に、モーツァルトコンクールでピアニストの卵たちが弾く曲でもあります。

この397と475は、おととしのブランチコンサートでも弾かせて戴きました。475はちょっと規模が大きい曲です。

396もハ短調の幻想曲ですが、これはまた演奏される機会が少ない曲です。存在自体を知ったのはブランチのプログラムを決めて準備していた時だったので、残念ながら間に合いませんでした。3つの幻想曲を一堂に会させて弾くのは夢でしたから、今回実現するわけです。

1曲目に間に合わないお客様がいらっしゃっても、それほど損した気分にならない。そういうわけで、プログラムの最初は短めの曲が吉です。

ショパンのラルゴは、言わずと知れた名曲ソナタ第3番の緩徐楽章で、美しい旋律とコラールが印象的です。ショパンの故郷、ポーランドに思いを馳せて、のんびりと聞いていただけたらな、と思います。

ここでドリンクをお出しして休憩に入ります。

後半は、ショパンの小品で告別のワルツ。ブラームスのインテルメッツォ。これまた名曲です。インテルメッツォは大好きで、よく演奏する曲の一つです。

これまたブラームスの生涯に思いを馳せて、またご自身の思い出をたどりながら、ゆったりときいて戴けたらと思います。

メインエベントとしてベートーヴェンのワルトシュタインソナタを持ってまいりました。これは今までの曲より数段♪が多いです。有数の壮大なスケールを持つソナタで、楽譜は30ページ以上あります。

ワルトシュタインとの出会いは小学6年生ごろだったと思います。発表会で一番大人の?生徒さんが弾くのを見て、こんな曲があるんだ!!私の知っているピアノ曲なんてなんだったんだ!!というくらい、ものすごい衝撃を受けました。

いつかこの曲を弾きたい。この曲が弾けるまでピアノを上手くなりたい。10年かかってもいいから。そう決意しました。ピアノを初めて3年ほどの私が、初めて演奏に関して決意らしい決意をした瞬間でした。その後、そういう決意の時は幾度となく訪れます。

10代で(何年生か忘れました)、ジャパンアーツに電話してK・ツィメルマンのリサイタルに自分で聞きに行ったほどです。

最初に演奏したのは5年後、高校3年生になる春でした。もちろん人生最高に難易度が高かったのですが、これほど自分にしっくりくるピアノ曲はない、くらい、弾くほどに大好きになりました。譜読みを初めて2週間で1楽章を暗譜していました。暗譜は得意な曲とそうでない曲がはっきりしていまして、これはやりやすい最たるものでした。

その後この曲とはいろんな思い出を作る事となります。

この夏、また新しい思い出を作れることが楽しみです。

是非お気軽にいらしてください!!
Comment
デューイ
はじめまして☆大阪のみかんぴあのです。
足跡から来ました。

アレクサンダーテクニークの先生でいらっしゃいましたか!
デューイがアレクサンダー理論の序章を書いているときき、
ずっと興味があったんです!
ご存知の通り、デューイは教育学ではノーベル賞ものの大家なので☆

文献名までは探せたのですが、和訳をまだ見つけられていないんです。。。しくしく。もしご存知でしたら是非教えてください♪

それと、とっても綺麗なテンプレートでびっくりしました☆
テンプレートを変更しました
すみません!あんまり綺麗だったのでうちもこのテンプレートに変更しました。真似したみたいで(真似したのですが)申し訳ありません・・
Re: テンプレートを変更しました
コメントありがとうございます!! 

テンプレートは私も借り物です。ほめて戴いてうれしいです。もちろん大歓迎です。ピアノの先生でいらっしゃるんですね。教育を専攻されてデューイをご存じでコメントくださるなんて感動です!アレクサンダーの発見は本当に偉大だったんですよ。私はレッスンを受け始めて2年ですが、まだアレクサンダーテクニーク教師ではないんです。大学行くくらい時間がかかります(^_^;)(^_^;)。私は週1回のコースなのでもっとかかるかも。

序文の件、お役にたてるかどうか、ちょっと調べてみますね。

梅田にも学校がありますので、ご興味が有ったら体験されてみてください!
おはようございます!
カモミール先生、おはようございます!
テンプレートの件、ありがとうございます☆
デューイのこと、よろしくお願いします!

ご挨拶が遅れて申し訳ありません(汗)
私は生涯教育学研究室の院生で、成人のピアノ教育について研究しています。

生涯教育学はアメリカが先駆で、リンデマンが発祥なのですが、リンデマンの成人教育論の元になったのが、デューイなんです。

成人教育学の中ではそれ以上のことは語られないので
いったいどうなったのだろうと思っていたら、アレクサンダーテクニークにいらっしゃったと知りました。

自分も音楽を少しはするおばさんなので気になって。。ありがとうございます☆今後ともよろしくお願いします!
Re: おはようございます!
お待たせしました。私の学校の先生に聞いたところ、次の本で読めそうです。

日本語で翻訳されている以下2冊の本 に、デューイの序文は掲載されていま す。

(横江大樹さんの本は、BCスタジオで しか手にとったことがないので、中身 を確認していないのですが、 webサイトによると、目次ととして デューイの序文も掲載されていたの で、翻訳されているのだとおもいま す。)

、 ・鍬田かおるさん訳 「自己のつかい 方」 晩成書房

・横江大樹さん訳 『自己の使い方』 http://www.atjapan.jp/book-presen.html

ご参考になさってください。

これで答えになっておりますでしょうか?
追伸、BCとはボディチャンスという学校の名前です。目黒と梅田にあります。



カモミール先生、おはようございます!
> テンプレートの件、ありがとうございます☆
> デューイのこと、よろしくお願いします!
>
> ご挨拶が遅れて申し訳ありません(汗)
> 私は生涯教育学研究室の院生で、成人のピアノ教育について研究しています。
>
> 生涯教育学はアメリカが先駆で、リンデマンが発祥なのですが、リンデマンの成人教育論の元になったのが、デューイなんです。
>
> 成人教育学の中ではそれ以上のことは語られないので
> いったいどうなったのだろうと思っていたら、アレクサンダーテクニークにいらっしゃったと知りました。
>
> 自分も音楽を少しはするおばさんなので気になって。。ありがとうございます☆今後ともよろしくお願いします!
チケット代が安過ぎでは(笑)
カモミールさん おはようございます。
私のブログにご訪問 ありがとうございました。

本郷3丁目のカデンツァで、リサイタルをされるのですね。
ショパン ソナタ 第3番の第3楽章 “ラルゴ”は、今まで 第2楽章の続きだと思っていました f^_^;
ブラームスのOp.118-2は、昔は 弾けたけど…名曲ですね。
別れのワルツ等 私の好きな曲ばかり。
こんな素晴らしい曲ばかりで、入場料が 安過ぎでは(笑)

いつか 大阪でもコンサートを (人ゝω・)お願ィ!!
私は、カモミールさんに お会いしたぁい v-345
ではでは☆
Re: チケット代が安過ぎでは(笑)
晶さん、おはようございます。

ご訪問&コメントありがとうございます。
晶さんもお好きな曲とのこと。うれしいです。

ブラームスはシンプルなのに本当に深いです。何回弾いても尽きないというか。
ショパンの長い曲は、切れ目がよくわからないときありますね。レコードやカセットの時代は特にそうでした(^_^;)(^_^;)。

今回選んだモーツァルトはすべて短調ではじまりますが、他の曲はすべて長調でした。短調も好きなのですが、去年のプログラムも、気づけばすべて長調の曲でした。

アンコールはちょっと雰囲気を変えてみたいと密かに思っています♪

お店を貸切にするのでホールより低予算でできるのがありがたいです。去年までは、40-50分のミニコンサートを、ランチバイキングつき1600円でやっておりました。(別のお店のブランチコンサートプランでした)

今はドリンクプラス数百円というミニマムな設定ですが、これからも精進して、演奏の価値を高めていきたいです。高すぎるとおっしゃられるよりはるかに嬉しいです(*^_^*)

大阪で演奏、いいですね!弾きあい会などがあれば大阪のピアノマニアの方とも交流したいですね。

またよろしくお願いします。
お礼が遅くなって申し訳ありません
カモミール先生、こんにちは。
凄い!おそらくデューイの序文も翻訳されていると思います!それに吃音もあります。
実は来年大学院に入学する院生の研究計画が、
吃音なんです。嬉しいなぁ!早速アポ取ってみます。
貴重な情報をありがとうございました!
みかんぴあの様
こちらこそ、ご丁寧にコメントありがとうございます♪

ピアノ指導と院での研究をされていらっしゃるなんて素晴らしいですね。

アレクサンダーテクニークに関し、みかんぴあの様のお役にたてたら嬉しいです。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

かおり

Author:かおり
アレクサンダーテクニーク研修生によるピアノレッスン
グランドピアノと演奏に役立つ解剖学を使ってレッスンをしています。
HP kaorikitagawa.jimdo.com
もっと上達したい、いい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けないというを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活し、念願のオーケストラとの共演も果たしました。

アレクサンダーテクニーク教師養成コース研修生として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender

英語
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

最新記事
無料メルマガ登録
美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム