腕の本当の付け根 ピアニストのための解剖学

昔のドラマ、スパイ大作戦も、映画の邦題はミッション・インポッシブル、MIでした。かのスタートレックもドラマ初期は宇宙大作戦でした。気づけば大作戦ばかりですが、MIのようなほぼ不可能な任務ではなく、今日は誰にでも可能な使命、ミッション・ポッシブル=MPをやってみましょう。あのBGMは脳内で再生いただいて構いません♬


楽器演奏に欠かせない腕。”うで”と気安く呼んでいますが、腕の骨と体の境目って、どこだと思いますか?

ヒント: フィギュア、人形の腕の外れるところは、不正解です。ヒントになってない♪

答え : 鎖骨の、真ん中側の端っこ = 胸鎖関節 です。

胸鎖関節 森愈庵さんサイトより。
胸鎖関節 森愈庵さんサイトより

鎖骨が見えてセクシー、のあの鎖骨も腕なのです。そしてそれが胴体に唯一接しているのが、胸骨との関節です。人によっては鎖骨の内側の端っこがぐりぐりしています。

そのぐりぐりに右手をあてて、左腕をぐるぐる回してみて下さい。

ぐりぐりも鎖骨も動くのがわかりますか?

今日ミッション: 腕はこのぐりぐりから始まっている、と思い出してから演奏すること!

これだけです。

Mission completed.

よい週末を!

0 Comments

Add your comment