ジュリア・キャメロンの言葉 53  2013.11.21のブログより

2013.11.21. ジュリア・キャメロンのブログ

質問: もし思考が書きとめるより速く行ってしまったとしたら?

最近、生徒さんにこう言われました。”私の思考が自分で書きとめられるより速く進んでしまうのです。それでいらいらして、書くのをやめるんです。”

私の答え: ”やめないで。”

ペンよりも思考がずっと速く進むというのは、とてもよくあることだと私は思います。そして、あなたはモーニングページを書き続けたほうがいいと思います。

意識的にそれに”ついていく”時に何が起こるかというと、より詳しいディテールがあなたに訪れ、さらなる安堵感が訪れるのです。私たちが書き始め、思考が駆けだしたなら、質問方式を使えばいいと思います~モーニングページに、”結局なんなの?”と尋ね、その答えに耳を澄ませるのです。


Q: What if my thoughts race faster than I can write them down?

November 21, 2013 by Julia Cameron, tagged creativity, writing

Recently I had a student say, “My thoughts race faster than I can write them down. So I get frustrated and stop writing.”

My answer: “Don’t stop.”

I think it’s a common occurrence for the thoughts to race faster than the pen. And I think that you should keep writing Morning Pages. What you do when you deliberately “stick with it” is that more and more detail will come to you– and more and more solace. I think when we start writing and our thoughts start racing, we can use the Q and A technique– asking the pages “what’s the bottom line?” and listening for the answer.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
美しい音を探求するピアノボディスクール
グランドピアノと骨格標本を使った講座・レッスンをしています。
HP kaorikitagawa.jimdo.com
もっといい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けないというを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活しました。

アレクサンダーテクニーク教師養成コース研修生として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender

英語
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

無料メルマガ登録

美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ページの先頭へ戻る