ジュリア・キャメロンの言葉 57 @ツイッター

全てのアーティストは喪失を生き抜く技術を学ばねばなりません:希望の喪失、面目の喪失、お金の喪失、自己信頼の喪失の。

アーティストには年齢も、歩んできた人生も関係ない。創作的な活動が、職業であろうが、趣味であろうが、単なる夢であろうが同じことだ。自らの創造性に働きかけるにあたって、手遅れだとか、自己中心的だとか、身勝手だとか、無謀だとかいうことはありえない。(ずっとやりたかったことを、やりなさい p.17)

私たちは、注意深くならねばなりません。自らの創作上の喪失に気づき、それを悼むことができるように。

私たちの中のアーティストは子どもであること、私たちが知的に対処できるものは、感情的に対処できるものをはるかに凌駕すること。そのことを忘れないで。

創造性は知的な用語で気持ちよく測れるものではありません。まさにその本質によって、創造性はそのような封じ込めを避けるのです。

0 Comments

Add your comment