タイトル画像

ジュリア・キャメロンの言葉 59 2012.9.20.ブログより 

2013.12.16(11:06) 380

モーニングページ:どうして3ページなの? 2012.9.20.ジュリア・キャメロンのブログより

モーニングページはなんについてでもいい、朝に書く、3ページの、手書きのノートです。モーニングページに間違ったやり方など存在しませんし、あなたしか目にしないものです。モーニングページを書くことで、より明確さをもって自分の一日に入っていくことに気づくでしょう。モーニングページは時間がかかるものですが(約30-40分)、かかる時間よりもずっと長い時間を生み出してくれます。私たちが一日を通してより効率的に動くからです。

それは、8.5インチ×11インチ(およそA4)のノートの片面に書く3ページ(だから6ぺージではないです)。そうです、朝にやらねばなりません。そうです、手で書かねばなりません。

どうして3ページかって?
通常、1ページ半は楽勝なのです。2.5ページはもっと大変になりますが、私たちを行動に駆り立てます。3ページ以上になると自己執着を招きます。それはちょっとセラピストに面会する時”次はいつお会い出来ますか”というのに似ています。あなたは彼らに”毎日ですよ”と言ってほしいのですが、代わりに彼らは”1週間後はいかがですか?”と言うのです。
3ページが理想的な長さなのです。


Morning Pages: why 3 pages?  September 20, 2012 by Julia Cameron

Morning Pages are three pages of longhand, morning writing about anything. There is no wrong way to do Morning Pages, and they are for your eyes only. Doing Morning Pages, we find that we go into our day with more clarity. Although they do take time (about 30-40 minutes), they actually make more time than they take because we move more efficiently through our day.
They are three, single-sided, 8.5×11 pages (so in other words, not 6 pages). Yes, they must be done in the morning. Yes, they must be done by hand.
Why three pages?
Ordinarily, the first page and a half is pretty easy. The second page and a half is more difficult, but it moves us into action. More than three pages invites self-obsession. It’s a little bit like when you go to see a therapist, and you say “when will I see you again?” You’re hoping they’ll say “every day,” but instead they say “how about in a week?”
Three pages seems to be the ideal length.

ピアニスティックノート


<<ジュリア・キャメロンの言葉 60 2012年ジュリア・キャメロンのブログより | ホームへ | ジュリア・キャメロンの言葉 58 2012.9.12.ブログより >>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kaorilavender.blog.fc2.com/tb.php/380-ec0aa16f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)