脊椎のカーブを知って動く ピアニストのための解剖学

頭と脊椎の関係が心身の性能発揮を支配することを、先日のブログでアレクサンダーテクニークの根幹としてご紹介しました。http://kaorilavender.blog.fc2.com/blog-entry-384.html 

今日はその脊椎についてです。 

真ん中の、側面から見た脊椎の図では、顔が左を向いています。しいて付け加えるとこんな感じ。
イラストが頭でっかちで、サイズが不釣り合いですが、そこはご容赦を。
横からみた頭蓋骨
脊椎を3方向からみた図  
出典: 瑜伽 皮拉提斯 身體的覺醒 

ちょうど後頭骨の底と頸椎の一番上が、接しています。ほんの指の"はら"位の接点で。

その上で頭が微細に動けるのです。AO関節(環椎後頭骨関節)ともいいます。

 さてその背骨↑。人間の背骨は、横から見るとこんなにカーブしているんですよ。

S字どころではありません。

1. まず、頸椎が前弯。 この方向からみるとややCのようなカーブをしています。 
2. 胸椎が後弯。 肺と心臓が入る胸郭を作って逆Cのカーブ。 
3. 腰椎が前弯。 おおきなCカーブ。

その下が仙骨。上図は中国語で、仙椎の意ですね。
4. 腰椎と仙骨の間は、急激に右に折れています。仙骨の始まりがほぼ水平になります。
5. そして仙骨と尾てい骨(尾骨)も後弯。逆Cカーブです。 

#ご自分の背骨に自然なカーブがたくさんあることを許してあげましょう。 

それから、背中側のとげとげが結構厚みがありますので、背骨は思ったより体の中心よりにあります。 

背中から触れるのは、トリケラトプスの背びれではありませんが、突起であって、背骨本体の椎骨ではありません。
 

#脊髄の入った、椎間板をクッションとする椎骨は、もっと前側に位置しています。 

#そして、椎間板(青い部分)の厚みは、背骨の長さのおよそ4から5分の1を占めています。結構厚いのです。 

 これら3つの###を思うだけで、ご自分の体に関する認識が変わります。
 

このデザインに反した動きや姿勢をしようとすると、椎間板がつぶれて、性能が発揮できなくなります。
はては、痛みや、麻痺につながってしまいます。さんざん学校で教わった”気を付け”が、実は罠だったのです。
 

私たちがやりたいことは、この骨格デザインに沿った動きでピアノを弾くことです。

もう一度ご覧下さい。もう少しリアルな頭がありました。
頭と脊椎 横からみた図



今日のミッション: 脊椎はくねくねがいっぱいで柔軟性に富んでいる。そしてずっと体の中心にあると心得よ!

一緒に体験したい方は 2018. 3/31のセミナー、個人レッスンにお越しください。HP

0 Comments

Add your comment