ジュリア・キャメロンの言葉 61 2013.7.27.のブログより プロジェクト後うつ

ジュリア・キャメロンのブログ 2013.7.27 より

本が書き終わった。。。じゃあ今度は? または ”プロジェクト後うつ”

昨日、私は一つのプロジェクトを終わらせた。本に最終の仕上げを施し、私の編集者にメールした。自分としてはその本が気に入っている。でも読んでもらって受け入れられるまで、私はいつも不安なのだ。私の編集者はすぐに読むと約束してくれたが、その間、私は崖を踏み外し、空中にいってしまった。

私にはこの世界ですべての時間があり、それを埋めるべく書くものがなにもない。だから、今日私はそわそわし、アイディアが授かるように祈っている。前にもこういうことがあった。このプロジェクト後うつを私はよく知っているのだ。

終わらせたことについて、私は自分に得点をあげる。アーティストの多くは終わらせることを先延ばしする。プロジェクトが終わった時に直面する感情を恐れているのだ。

昨夜ジョン・バウワーズという作家仲間と食事をした。彼は私の苦しみに共感をもって耳を傾けてくれた。最後に彼は、私にモーツァルトのゴーストの続編を書いてみればと言った。それは魅惑的なアイディアだ。ゴーストのカップル、恋人たち、それ以上のものがあるだろうか?でも続編はすぐには思いつかなかった。わたしはまずこの手で書き始めて、それでどうなるか見ることになるだろう。それもいいかもしれない。。。

A book is finished…now what? Or, “the post-project blues”Posted on June 27, 2013 by Julia Cameron

Yesterday, I finished a project. I put the final touches on a book and emailed it to my editor. For myself, I like the book, but I am always nervous until it is read and accepted. My editor promised she’d read quickly, but in the meanwhile, I have stepped off the cliff and into space.

I have all the time in the world, and nothing to write to fill it. And so, today, I am restless, praying for an idea. I have been here before. I am familiar with the post-project blues.

I give myself points for having finished. Many artists procrastinate about finishing, fearful of the emotions they will face when their project is over.

I had dinner last night with a novelist friend of mine, John Bowers. He listened with sympathy to my plight. Finally he suggested I write a sequel to my novel “Mozart’s Ghost.” The idea is tempting. A couple of ghosts, a couple of lovers, what could be better? But no sequel immediately suggests itself. I could start writing by hand and see what comes. That might be a good idea…

0 Comments

Add your comment