タイトル画像

パワーポーズで力を発揮

2014.01.21(08:34) 409

面接の前、コンクールの出番の前。

人生には緊張するイベントがありますよね。

待っている時のほうが、実際の仕事より長いという。。。

そんな時、縮こまっているよりも、思い切ってバッと腕を大きく広げたりする方がいいのだそうです。やりにくかったらトイレとか、人気の少ない所で。2分間でいいのです。

テストステロンという支配・自信のホルモン
コルチゾールというストレスホルモン

ストレスのかかる状況でこれを測定したところ、事前に大きくなるポーズを取った人の方が、前者が増え、後者が減りました。つまり自信にあふれ、ストレス耐性もあがったのです。

エイミー・カディ氏の感動的なTED講演です。

ボディランゲージが人を作る
TEDCUDDY

IQ少女と言われながら、交通事故で脳にダメージを受けて学業は諦めなさいと言われた彼女が、ついにはビジネススクールに進みます。

そこアメリカ。出席しているだけ、テストやレポートをやるだけでは評価されません。積極的に発言することが求められる世界です。

こういうセリフがありました。

Don't fake it till you make it. Fake it till you become it.
できるまでふりをするのではなく、ふりをして、自分が完全にそうなるまでやれ!

彼女が大学院で、もう無理です、私はここにふさわしくない、と教授に泣きついた時言われた言葉です。
かくして彼女は発表をやり抜き、ビジネススクールで存在感を増していきました。

こんどは、彼女が教官となった時、ある女子学生が彼女のところに来ました。”私はここにふさわしくないんです”

彼女はあの頃の私だ!彼女はここにふさわしい!そう思ったエイミーはこういいました。

手を挙げて最高の発言をするの!それが本当のあなたになるまでやるのよ!

教室で手をあげるとき、控えめに挙げますか?それとも思い切り挙げられますか?
そういうところから練習してみましょう。

最初はカタチかもしれません。やり続けてそれが本当にあなたのモノになるまでやるのです。

いざという時、縮むより広がるほうが絶対いいんですから!

今日のミッション: まずは形からでもOK。待っている時はパワーポーズをとろう!

ピアニスティックノート


<<緊急中毒にご用心! | ホームへ | 思い切って余分な活動を断捨離>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kaorilavender.blog.fc2.com/tb.php/409-765e04a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)