パワーポーズで力を発揮

01/21
面接の前、コンクールの出番の前。

人生には緊張するイベントがありますよね。

待っている時のほうが、実際の仕事より長いという。。。

そんな時、縮こまっているよりも、思い切ってバッと腕を大きく広げたりする方がいいのだそうです。やりにくかったらトイレとか、人気の少ない所で。2分間でいいのです。

テストステロンという支配・自信のホルモン
コルチゾールというストレスホルモン

ストレスのかかる状況でこれを測定したところ、事前に大きくなるポーズを取った人の方が、前者が増え、後者が減りました。つまり自信にあふれ、ストレス耐性もあがったのです。

エイミー・カディ氏の感動的なTED講演です。

ボディランゲージが人を作る
TEDCUDDY

IQ少女と言われながら、交通事故で脳にダメージを受けて学業は諦めなさいと言われた彼女が、ついにはビジネススクールに進みます。

そこアメリカ。出席しているだけ、テストやレポートをやるだけでは評価されません。積極的に発言することが求められる世界です。

こういうセリフがありました。

Don't fake it till you make it. Fake it till you become it.
できるまでふりをするのではなく、ふりをして、自分が完全にそうなるまでやれ!

彼女が大学院で、もう無理です、私はここにふさわしくない、と教授に泣きついた時言われた言葉です。
かくして彼女は発表をやり抜き、ビジネススクールで存在感を増していきました。

こんどは、彼女が教官となった時、ある女子学生が彼女のところに来ました。”私はここにふさわしくないんです”

彼女はあの頃の私だ!彼女はここにふさわしい!そう思ったエイミーはこういいました。

手を挙げて最高の発言をするの!それが本当のあなたになるまでやるのよ!

教室で手をあげるとき、控えめに挙げますか?それとも思い切り挙げられますか?
そういうところから練習してみましょう。

最初はカタチかもしれません。やり続けてそれが本当にあなたのモノになるまでやるのです。

いざという時、縮むより広がるほうが絶対いいんですから!

今日のミッション: まずは形からでもOK。待っている時はパワーポーズをとろう!
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

かおり

Author:かおり
アレクサンダーテクニーク研修生によるピアノレッスン
グランドピアノと演奏に役立つ解剖学を使ってレッスンをしています。
HP kaorikitagawa.jimdo.com
もっと上達したい、いい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けないというを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活し、念願のオーケストラとの共演も果たしました。

アレクサンダーテクニーク教師養成コース研修生として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender

英語
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

最新記事
無料メルマガ登録
美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム