タイトル画像

コミュニケーション その3 まずは自分から。相手の名前を呼ぶ

2014.02.10(06:30) 429

見知らぬ人と席を同じくすることがあります。学生でないと、もうしょっちゅうです。
その場だけ、の関係かもしれません。なにかの縁がこの先あるかもしれません。

音楽の場だったら、また一緒になることもあるかもしれません。

恥ずかしい
無視されたり、冷たくされたら嫌
向こうから来ないからいいや

まあ、そう思うのもごく自然なことです(^_^;)。いつも爽やかに上手くいくとは限りませんからね。

そこは一応、場の雰囲気や相手の態度を観察してw

こんにちは。
まあ、音楽の世界はいつ何時でも、おはようございます、でいいらしいですが。

〇〇です。宜しくお願いします。
と挨拶してみましょう。

礼儀正しく話しかけられて嫌な人はいません。
少なくとも人前に出ようという人たちなら、知らない人に会うことは織り込み済みです。

まったく知らない人に話しかけず過ごす人もいますが、ちょっともったいないです。

日本人がパーティーに出ても、知っている人としかつるまない。
これは今の時代もはや悪い癖です。

ああ、誰かと話してみればよかった。そう後悔するくらいなら自分から話しかけましょう。

そして相手の名前を呼びましょう。嬉しいことです。
無料でできるプレゼントです。

〇〇さんはどんな活動をされているんですか?
△△さんはどんな曲をよく弾かれるんですか?

まずはそういう質問で十分です。
答えの内容ではなく、大切なのは自分から声を掛けること。
その一点です。

それくらいのことでも、全員が意識して実践しているわけではありません。

こういうシンプルなアクションこそチャンスですよね。

色んな人がいますから、反応もいろいろです。

慣れればだんだんそれも楽しくなってきます。
そういう心掛けがきっとあなたの創作生活を力づけてくれるでしょう。

今日のミッション: 自分から話しかけて、相手の名前を呼ぼう。

ピアニスティックノート


<<お勧め書籍@心理学&ビジネス オプティミストはなぜ成功するか  M.セリグマン著 | ホームへ | お勧め書籍@ミステリー: ロートレック荘事件 筒井康隆著>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kaorilavender.blog.fc2.com/tb.php/429-ea93a094
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)