アレクサンダーテクニーク研修生によるピアノレッスン

ピアニスティックノート

前にも取り上げましたが、過去の自分から成長しているかをみることが大事です。

人と比べるのは際限のない地獄になりかねません。

アーティスツウェイの考え方は子育てに役立ちます。
自分の中のアーティストだったら言われたくないことは、子どもにも言わないほうがいい、とわかるからです。

お兄ちゃんはできたのに。
〇〇ちゃんみたいになりなさい。

そういわれても、本人もどうしようもないですし、
なにより傷つきます。

兄弟や他の子を引き合いに出す比較。
これは最大のタブーというのは最近知られてきましたよね。

個性が違うのに、ほかの誰かに効果があったと、なにかを盲目的に押し付けられたら、自分を無視されたように感じます。

子どもの命が輝くように
わあいわあい、とはしゃげるように

ある意味ちやほやしてあげて、上手くのせるほうが、長い目で見ていいのです。

誉めることと甘やかすことは違います。

意地悪な人は、親切を弱さに誤解されてきた、
というツイートがありましたが、
子どもを誉めたら負け、みたいに考える大人は多いのです。

そういう大人に囲まれて来てしまったのでしょうか。
もしそうなら、もう自分が大人なんですから、その歴史にピリオドを打ちましょう。

塾などの説明会で、小学生の保護者は先生から

ほめて下さい
なんでもいいので本を読むように

と習うそうです。

勉強しなさい
〇〇君は成績がいいのに

そういう言葉は効いたように仮に見えたとしても、短期間でしかありません。
本人のパッションを長く燃やすものでは決してありません。

アーティストを励ますのと全く同じですよね。
悪い親になって自分の中のアーティストを叱るのはやめましょう。

親が子どもの最大の擁護者です。
アーティストの擁護者はあなた自身です。

今日のミッション:子どもを他人と比較しない。自分を他人と比較しない。自分の擁護者はあなた自身です!
テーマ : art・芸術・美術    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. アート
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]



 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

かおり

Author:かおり
アレクサンダーテクニーク研修生によるピアノレッスン
グランドピアノと演奏に役立つ解剖学を使ってレッスンをしています。
HP kaorikitagawa.jimdo.com
もっと上達したい、いい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けないというを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活し、念願のオーケストラとの共演も果たしました。

アレクサンダーテクニーク教師養成コース研修生として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender

英語
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

無料メルマガ登録

美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -