アレクサンダーテクニーク研修生によるピアノレッスン

ピアニスティックノート

1/6から1/26のツイートです。

創造的であるということは、私たちの潜在能力をフル活用して生きるということです。

私たちが自分の創造性を活用している時、私たちは強さと幸福感を体験します。

私たちは、完璧ではなく進歩を自分に求めるべきなのです。

自分を遊ばせてあげましょう。 アーティスツウェイより

白紙の原稿やキャンバス、空っぽの舞台や演壇。すべては信頼の行為を呼びかけているのです。

どんなに年を取ろうとも、創造的でいたいという欲望を持ち続けることができるなら、男の中の少年を生かし続けているということだ。---ジョン・カサヴェテス  映画監督(グロリア)・俳優(ローズマリーの赤ちゃん)

アートとは信頼の行為です。私たちをそれを実践する練習をします。 アーティスツウェイより

自分の中のアーティストに鞭打って進ませるよりも、望む方向へ私たちを誘い出すささやかな賄賂のことを考えたほうが、私たちはいい仕事ができるのです。

私たちの中にいるアーティストは、ささやかな贅沢な行動に答えてくれます。

アーティストには立ち直る力があります。

アーティストとして私たちが覚えておくのが難しいこと:私たちの作品がマーケットを創るのであって、マーケットが私たちの作品を創るのではない。

モーニングページを書いている時に、あなたの中の批評家が抗議してきたら--するでしょうが--ただ ”ご意見ありがとう” とだけ言って書き続けるのです。

他者を知るものは賢く、自分自身を知るものは啓(ひら)かれる。 老子

アートは卵からかえる時間を必要とし、ちょっと大の字に寝そべって、無様に不幸に見舞われ、ようやく姿を現すのです。

あなたの創作上の親や守護者、兄、戦士、仲間は、あなたの中のアーティストに安全だから出てきて遊ぶべるよ、とあなたに確信させるべき迫ってきます。

まだ羽の生えそろわない作品を急いで判断することは絶対してはなりません。

創作上の逆行に直面したら、自分に問いかけなさい。”この逆行について誰に助けを求められるだろうか?”と。そして求め始めるのです。

創造主はアーティストを見ていると信じています。

エゴはいつでも、自分で間に合っていると言いたがります。エゴは助けを求めるより一匹狼アーティストとして気取りろうとするのです。とにかく求めるのです。

私たちが助けが必要なことを認めれば、その助けがやってくるのです。

時間ではなく、創造性こそが、創作上の傷を癒すのに最善なのです。 ずっとやりたかったことを、やりなさい より
テーマ : art・芸術・美術    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. アート
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]



 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

かおり

Author:かおり
アレクサンダーテクニーク研修生によるピアノレッスン
グランドピアノと演奏に役立つ解剖学を使ってレッスンをしています。
HP kaorikitagawa.jimdo.com
もっと上達したい、いい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けないというを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活し、念願のオーケストラとの共演も果たしました。

アレクサンダーテクニーク教師養成コース研修生として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender

英語
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

無料メルマガ登録

美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -