タイトル画像

時間は有限、愛は無限

2014.03.15(06:30) 462

作曲家ロベルト・シューマンは、ご存じのとおりピアニストのクララ・ヴィークと熱烈な恋愛結婚をします。
僕の右手になって下さい、の言葉で求婚しましたね♬

クララは8人の子を生み、演奏活動をし、早すぎたロベルトの死後も、作品の管理など、作曲家の妻の仕事をしました。

昔は医療や栄養状態も悪く、10人近く生んで何人か生き残るという時代なのでしょう。

それにしても(シューマン夫妻の子も、実際育ったのは7人ですが)8人兄弟とは!

クララは演奏の仕事をしていて、今でいうシッターさんの手を借りたのだと思いますが、すごいですよね。

そんなクララは私の憧れの女性アーティストの一人です。(憧れるのは自由です!)

後輩のブラームスも彼女が大好きだったくらいですから、きっと素晴らしい女性だったに違いありません。

さて、思いを注ぎたいのに時間がない!
そういう場面は仕事と子育ての両立に限らずよくあります。

何年か前、私はクララに手紙を書きました。(イッチャってると思われるかもしれませんが。)

8人生み育ててピアニストとして活動する。
どうしてそういうことができるんですか?と。

これはジュリア・キャメロンの本に出てくるワークの一つでした。尊敬するアーティスト手紙を書き、返事も自分で書く、というものです。

ちょうど英語で本を読んでいたので手紙も英語で書きました。そうしたら英語で返事が来ました。(ちょっと怖いですね。でもほんとにほんとのお話)

クララから私への言葉はこんな感じでした。

時間は有限だけれど、愛情に限りはないのよ。

その言葉が文字通り私に降りてきた瞬間、自然と涙があふれました。

時間は限られているけれど、愛情は無限なんだ!

という安堵感でした。

息子はママっこでしたから、幼稚園の頃は、ママ、ピアノのお出かけしないで!と泣くこともありました。

もともとおしゃべりが遅く、あまり上手ではなかった子でした。そんな子が完全な文型で一生懸命話しているんですから、さぞかし必死の訴えだったのだと思います。

後ろ髪を引かれるとは正にこのこと。。。。

音楽のために(やりたいことならなんでも)、子どもに淋しい思いをさせていいのか?

これはたくさんの人が直面する問題です。毎日のお仕事でない時はなおさらです。

帰ってきたら、思い切り抱きしめて、
待っててくれてありがとう!ママ上手くできたよ。〇〇楽しかったよ。
と感謝の気持ちを伝えましょう。

子どもはお母さんの嬉しい顔が一番好きなのです。

今日のミッション: 時間は有限。でも無限の愛情でカバーしよう!

ピアニスティックノート


<<つきあい?本当に楽しいなら... | ホームへ | 人はなぜ財布を忘れるのか?>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kaorilavender.blog.fc2.com/tb.php/462-eba96ebb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)