生活の中のアートを楽しむ

Art(アート)とは、やりたいことならなんでもいいのです。ガーデニングでも、お料理でも。お裁縫でも。

今や主婦の手抜き料理で本を出したりして大活躍している方もおられます。その創意工夫たるや、正に脱帽です。手を抜こうとすると、(使う鍋を1つにしたパスタなど)必然的に相当頭を使ったり、水加減を試行錯誤する必要があります。彼女にとって、そういうお料理を開発するのがライフワークなのです。

好きなこととは、それに没頭している時、時間を忘れられるものでしょう。

アートをしている間、私たちは年を取らない、とジュリアは言います。
フローやゾーンに入る、というあれですね。

そういうものが一つあれば、人間すでに幸せではないでしょうか?

うちの子は最近ルービックキューブにはまっています。
2x2x2と3x3x3をマスターしたらしく、そのうち4x4x4が欲しい、と言っています。
工作用紙で正多面体を作ります。
やはり多面体で20まであるサイコロを作ります。自作のすごろくのために作っているようです。
箱根駅伝の歴代の記録を調べ上げ、予想をたてます。

漢字ドリルは気乗りがしなくても、駅伝の大学名やタイムは飽きもせず熱心に書き写しています。

そういう時の彼はとてもいい感じで集中していて、苦しさとは無縁に見えます。

大人から20面体を作れといわれても、面倒くさいと感じるでしょうね。

今はネットやゲームも氾濫していますが、苦労せず手軽に味わえる歓びより、自分の手で何かを創りだすほうがはるかに大きい歓びを与えてくれるでしょう。

今日のミッション:アートはどこにでもある!生活の中のアートを楽しもう!

0 Comments

Add your comment