タイトル画像

ジュリア・キャメロンの言葉 69 ”銀の内張り” 2014.3.11のブログより

2014.04.10(06:30) 488

”損の形をした得”は、アーティストのツールとして強力なものです。それを得るためには、はっきり言うと、”この喪失は私にどう役立つだろうか?それは私の作品をどこに向けてくれるだろうか”と問えばいいのです。

その答えはあなたを驚かし、解放するでしょう。要は、痛みをエネルギーとして代謝するのです。作品を違った角度から見たり、あなたが避けていた違うドアを通ったりする意欲があるなら、銀の内張りが存在することを知り、信じ、あたかもそのようにふるまえばいいのです。

The Silver LiningPosted on March 11, 2014 by Julia Cameron Filed as Julia's Classroom and tagged basic principles, Blessings, creative energy, creativity, faith, goodness, possibilities,silver lining

“Gain disguised as loss” is a potent artist’s tool. To acquire it, simply, brutally, ask: “How can this loss serve me? Where does it point my work?”

The answers will surprise and liberate you. The trick is to metabolize pain as energy. The key to doing that is to know, to trust, and to act as if a silver lining exists if you are only willing to look at the work differently or to walk through a different door, one that you may have balked at.

ピアニスティックノート


<<脳の不思議 側坐核(快楽中枢)と博愛中枢 | ホームへ | 凝視すると逆効果? 周辺視野を使おう!>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kaorilavender.blog.fc2.com/tb.php/488-dd3d75d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)