きたがわ かおり アレクサンダーテクニーク教師(仮免許)

リボは危険な香! カードローンの注意点

しょっぱなから言いますが、身近なローンで一番こわいのは、リボ払いでしょう。

月々の返済を定額にしている一方、元金がほとんど減らないというデメリットがあります。

また新しい出費をリボ払いにしてしまうと、元金が増えてしまいます。

でも支払いは一定だったら、いつまでも返済が終わりません。

カード会社にはこれがおいしいのです。利用者はいつまでも返済しきれずに利息を払い続けてくれるのですから。

一括払いは利息もなく、まとめて引き落とされますから大変便利ですが、リボ払いは利息もとても高く、支払が一定という以外メリットがありません。

金利18%、毎月10000円のリボ払いで50万円の商品を買った場合の残金変遷は次の通りです。

支払いは毎月定額の10000円ですが、この10000円は、利息と元金の合計、しかも7000円以上が利息です。

一万円の内訳(利息/元金)    残債
1回目 10000(7500/2500)   残り497500
2回目 10000(7462/2538)   残り494962
3回目 10000(7424/2576)   残り492386
4回目 10000(7385/2614)   残り489771
5回目 10000(7346/2653)   残り487117
6回目 10000(7306/2693)   残り484423
7回目 10000(7266/2733)   残り481690
8回目 10000(7225/2775)   残り478915
9回目 10000(7183/2816)   残り476098
10回目 10000(7141/2858)  残り473239
11回目 10000(7098/2901)  残り470337
12回目 10000(7055/2944)  残り467392

なんと、12万円も払ったのに、借金は50万が46.7万になっただけ!1か月に2500円しか返せていないのです。

”健全な”カードローン、そんなものはありません。リボ払いは構造的に借金が終わらないようになっているのです。

今日のミッション:利息ばかり払い続けるリボ払いは速攻清算すべし!

0 Comments

まだコメントはありません

Leave a comment