タイトル画像

視野を広げるには? 箱の外に出よう!

2014.04.21(06:30) 499

たとえば、音楽をやろうとすると、音楽を聴きに行く、CDを聴く、レッスンを受ける、レッスンのビデオや番組を見る、演奏する、仲間と練習する、とあらゆる行動が音楽がらみに満ち満ちてきます。

耳も育って良いことなのですが、クラシック音楽でもピアノ音楽一辺倒しか知らないって、あまり面白くないんですよね。

下手をすると、クラシックピアノの中で自分の弾く曲のことしかほぼ知らない、という人も。全てを知っていたりすることは不可能ですが、知ろうともせず、自分が演奏することにしか興味がないっていうのもどうでしょう。

音楽はするけれど他のアートを楽しむということがない人。下手でもいいからやってみるということから遠のいている人は見受けられます。

一方、バイオリニストのH氏や加山Y三氏は作曲もするし演奏もするし絵も描かれますよね。両方うまいから羨ましい限りです。

なにをやるにせよ、視野を広げるって大事だと思います。初心者であることを楽しむ。ジュリア・キャメロンもそう言っています。

地元の喫茶店で月1回スケッチを楽しむ会があって、参加したことがありました。お店のママさんは元女優さんの素敵な方で、モノの見方も一味もふた味も違っていて、すっごく面白い絵を描いてくれました。ただ、公開カラオケレッスンなんかはてんで苦手だそうです(^_^;)。

ちょうど音楽に疲れていた時だったので、楽しかったです。上手く描かなくていい、というコンセプトがよかったんです。書き終わったら、先生に額に入れてもらって、コメントしあいます。

額に入れると、結構アートに見えるから不思議!また他の人の作品とのコントラストが面白いのです。

色んなアーティストが集まる学校に通っているので、美術や工芸をする知人の作品を展覧会に見に行ったり、レッスンのなかで美術の生徒役で絵を描いたりと、わたしにも音楽以外のアートに触れるチャンスが増えました。

大人の塗り絵も、楽しいですよ。輪郭が描いてあるので、塗ればばっちり作品になります!!

紙にクレヨンやクーピーで塗り塗りしているだけで、気持ちよくなってきます。アートセラピーっていうくらいですから。粘土や陶芸もよさそうですよね。無心に手と心を動かす歓び。

音楽も療法ですけれど、私はそれに疲れることもあるので。。。

今日のミッション: 私は〇〇だから、と決めつけず、上手くなくても視野を広げてやってみよう!

ピアニスティックノート


<<やる前から言い訳を探すべからず | ホームへ | 練習すればするほど弾けなくなってきた!?>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kaorilavender.blog.fc2.com/tb.php/499-77ace971
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)