いいことをやる前に悪いことをやめる!

なにかで上達したい時、そのために新しいメソッドを習い始める、という人が多いかも知れません。 

これは良いことでもあるのですが、既に行き詰っているのなら、実は注意が必要です。

私もそうでした。

 ピアノのレッスンをいったん終了してしばらくたった時、腕の痛みが取れず難儀していました。

やっぱりもっと上手くなりたい!と、新しいピアノの先生を探して体験レッスンを受けたりしていました。

それも結局痛みをだましだまし緩和しながらです。

 新しいことことを習いながら、その実、体を悪化させていたのです。

やはりその矛盾に気づいてやめました。 

 私の体とピアノの関係は、

もうどうしようもない…というところまで来ていました。

休んでも痛みが治らない。
練習できない。
レッスンできない。

そしてついにアレクサンダーテクニークの門を叩いたのです。 

そこで初めて、自分の体の本来の動かし方を学びました。
本来の姿勢を知りました。

ピアノ以前に、日常生活を間違った姿勢で送っていたのです。 

 なるほど、これでは辛かったはずだ!

と、いろいろなことがほぐれるかのように見えてきました。

悪い癖をやめるようにしていくだけで、色々なことが改善していきました。

痛みがあっても、原因がわかるので、あまり心配にならなくなりました。

 あのまま、無理にピアノレッスンを受けていたら、今度こそ取り返しのつかないことになっていたでしょう。

 いいことをやる前に、まず今までやってきた悪いことをやめる。

これが肝要です。

これは、食生活を見直すことなく過激なダイエットをしたり、結婚したいと言いつつ不倫を続けたりするのと全く同じです。

 今の彼氏との未来が見えないなら、本当に人生の伴侶と出会いたいのなら、その彼氏とはまず別れなければなりません。

不倫なら当然まず終わらせねば、新しい恋愛はあり得ません。 

別れたとしても、次にいい人に出会う保証はありませんよ、もちろん。
 いったんは一人になります。

ただ、そういう決断をできるかどうかです。

 ずるずると、悪いと分かっている関係を続けるのか。

一人になるかもしれない恐れを受け入れ、新しい道を進むことを選ぶのか。 

アレクサンダーテクニークを使おうとする瞬間も、全く同じです。 

今日のミッション: よくなりたければ、いいことをする前に悪いことをやめよう!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
美しい音を探求するピアノボディスクール
グランドピアノと骨格標本を使った講座・レッスンをしています。
HP kaorikitagawa.jimdo.com
もっといい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けないというを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活しました。

アレクサンダーテクニーク教師養成コース研修生として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender

英語
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

無料メルマガ登録

美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ページの先頭へ戻る