アレクサンダーテクニーク研修生によるピアノレッスン

ピアニスティックノート

私たちの生活の中のドラマは、ノートにドラマを書く妨げになります。

なにかドラマが起こると私たちは感情を計る物差しを失ってしまうのです。

もしそうなったら、私たちは生活を通じて自分の感情に再接続する必要があります。

自分の生活の”過去、現在、未来”という感覚が必要です。

このツールはドラマが多すぎる時の自分用の解毒剤です。

30分の時間を作りましょう。楽な体勢を取りましょう。

1から100まで番号を振ります。100個、あなたが個人的に大好きなものをリストアップします。

例えば、

1.ラズベリー

2.シャクヤク

3.NYピザ

4.松の香り

5.とげとげの枕

6.マレー語の詩

等々。

このリストをお財布やデスクの引き出しに入れておきましょう。

ストレスを感じたら、このリストを読むのです。

現在のドラマから離れてあなたの幸せの感覚に即座につながることが出来るでしょう。


Drama Posted on April 26, 2014 by Julia Cameron

Drama in our lives often keeps us from putting drama on the page. Some drama happens and we lose our sense of scale in our emotional landscape. When this happens, we need to reconnect to our emotional through line. We need a sense of our “before, during and after” life. This tool is a personal antidote for too much drama.

Set aside one half hour. Settle yourself comfortably. Number from one to a hundred. Now list one hundred things you, personally, love. For example:

1. Raspberries
2. Peonies
3. New York pizza
4. The scent of pine
5. Needlepoint pillows
6. Rumi poetry

Etc…

Keep a copy of the list in your wallet or desk drawer. When stress strikes, read the list. It will instantly connect you to a sense of well-being apart from the current drama.
テーマ : art・芸術・美術    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. アート
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]



 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

かおり

Author:かおり
アレクサンダーテクニーク研修生によるピアノレッスン
グランドピアノと演奏に役立つ解剖学を使ってレッスンをしています。
HP kaorikitagawa.jimdo.com
もっと上達したい、いい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けないというを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活し、念願のオーケストラとの共演も果たしました。

アレクサンダーテクニーク教師養成コース研修生として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender

英語
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

無料メルマガ登録

美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -