スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腕と肩甲骨のエクササイズ

カリフォルニアのサンディエゴに、アイリーン・トロバーマンというアレクサンダーテクニークの先生がいらっしゃいます。 

Youtubeで彼女はレッスンを公開していますので、随時最新のビデオを見ることができます。
Eileen Troberman 
便利な時代ですね。英語ですが、興味があったらご覧ください。→ ET



今日はアイリーン先生による演奏家のための肩甲骨のエクササイズを、バージョンアップしてご紹介します。 

 無理に肩甲骨を背中の中心に寄せることは、腕を使う時に役に立ちません。

広背筋の記事を書きましたが、肩甲骨もまた筋肉で上腕とつながっているのです。

 やや前屈して右腕をだらりとたらし、左手で脇の下から右の肩甲骨に触れます。
そのまま右手をぶらぶらと動かします。

同時に指をパラパラと少し動かすと良いでしょう。

しばらくしたら、右腕と左腕の長さを比べて下さい。

右が長くなっていませんか? 

それだけ、腕を後ろに引いていた筋肉の緊張がとれたんですね。

今度は右手を脇の下から左の肩甲骨へあてます。

左腕をたらし、ぶらぶらと動かします。

だんだん指について来て肩甲骨が前に来るのがわかりますか?

また両腕を比べて下さい。
右に追いつきましたか?

 手の各指は、肩甲骨や肩のある部分と筋膜的なつながりを持っています。

肩甲骨のリリースは、指の敏しょう性をも向上させてくれます。 

今日のミッション:肩甲骨を解放して、腕と指を自由に使おう!

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。