ジュリア・キャメロンの言葉 72 @ツイッター

05/12
プロセスにフォーカスしていれば、私たちのアーティスト人生は冒険の感覚をとどめたものになるのです。

自分を貴重品のように扱うことはあなたを強くするでしょう。

リスクを冒すには、私たちが受け入れている限界を投げ捨てねばなりません。”・・・だからできない”を、私たちは打ち破らねばなりません。

私たちがなにかを出来ないという時、たいていそれは、完璧に出来るという保証が出来ない限りやらないつもりだ、という意味なのです。

祝賀はアートにおける独創性の敵である。 マーティン・リット (アメリカの映画監督)

創造性回復の成功は、私たちが頭脳から脱して行動に入る能力にかかっています。

生命はエネルギー:純粋な創造的エネルギーです。

回復を遂げつつあるアーティストが”いい人になる”ことで自分自身を邪魔してしまうことが一番多いのです。でもそのような偽物の美徳には途方もない代償が伴うのです。

たいていの人はモーニングページをやると、自分をもっと優しく取り扱い始めるのです。

この二つのステップのプロセスで実験してください:夜は答えをお願いし、朝は答えに耳を澄ませる。あらゆる助けに心を開くのです。

神様に頼ることは私たちの生活から後ろ向きな依存、そして不安を取り除きます。神様は与えてくれるということを私たちに納得させることによって。私たちの仕事はどうするかを聞くことです。

私の誕生日である3/4は行動への呼びかけにもなるのはうれしいことです。3/4!今日は家族に会うためシカゴに向かいました。

私の源としての神様は、最もシンプルでありながら生きるために完全な効果のあるプランなのです。

あなたの持てるものがありながら不可能だと過小評価している夢は何ですか?足踏みしたままであなたにどんな報酬があるのでしょう?

私たちが神様の善を受取ることを礼拝の行為と考えるようになれば、自分自身の足を引っ張る必要性を手放すことができるようになるのです。

私たちがありそうもないことの代わりに可能性を見るようになれば、私たちは本来の柔軟さと打たれ強さを持てるのです。

創造することは人間の本性なのです。

私たちが喜んで心を開けば、アートと美が1000もの小さな形で私たちの中に押し寄せてくるのです。

注意を払うことはつながる行為なのです。
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

かおり

Author:かおり
アレクサンダーテクニーク研修生によるピアノレッスン
グランドピアノと演奏に役立つ解剖学を使ってレッスンをしています。
HP kaorikitagawa.jimdo.com
もっと上達したい、いい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けないというを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活し、念願のオーケストラとの共演も果たしました。

アレクサンダーテクニーク教師養成コース研修生として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender

英語
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

最新記事
無料メルマガ登録
美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム