医療費控除を申告してみよう!

05/21
歯医者さんにかかったり、入院したりして、医療費が年間10万円を超えた場合、所得税が一部戻ってくる制度があります。 

 もちろん普通の診療も対象になります。

チリも積もればですね。

 いわゆる医療費控除ですが、これは自分で税務署に申告しないと受けられません。

支払った医療費-手当などが出た分-10万円=対象額

となります。 

家族の受診記録を表にまとめて、医療費の合計を算出します。

タクシー代、薬局で購入したものなども使えますので、治療のためなら保険がきかなかったものも対象になります。

美容目的”以外”の歯列矯正など、高額な出費があったら必ず領収証を保管しておきましょう。

何十万円かかった時に申告したのですが、1万数千が還付されました。

もうちょっと医療費が少ない年は数千円でした。

まず合計が10万円であるか把握しなければなりませんが、確定申告を経験するのは課税の仕組みをしるいい勉強になります。

なによりお金が戻ってきます。

医療に限らず、申告の書類をネットで作成して印刷することもできます。

私がやった時はパソコンを持っておらず、手で書いて計算しました(^_^;)。

 前年の分を3月までに申告するのが筋ですが、医療費なら5年前でも還付申告できます。
 レシートをためると大変ですが。。。 
プレジデントでも2月に取り上げられていますので、参考になさってください。
president 

今日のミッション:医療費控除を申告してみよう!
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

かおり

Author:かおり
アレクサンダーテクニーク研修生によるピアノレッスン
グランドピアノと演奏に役立つ解剖学を使ってレッスンをしています。
HP kaorikitagawa.jimdo.com
もっと上達したい、いい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けないというを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活し、念願のオーケストラとの共演も果たしました。

アレクサンダーテクニーク教師養成コース研修生として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender

英語
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

最新記事
無料メルマガ登録
美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム