タイトル画像

医療費控除を申告してみよう!

2014.05.21(06:30) 531

歯医者さんにかかったり、入院したりして、医療費が年間10万円を超えた場合、所得税が一部戻ってくる制度があります。 

 もちろん普通の診療も対象になります。

チリも積もればですね。

 いわゆる医療費控除ですが、これは自分で税務署に申告しないと受けられません。

支払った医療費-手当などが出た分-10万円=対象額

となります。 

家族の受診記録を表にまとめて、医療費の合計を算出します。

タクシー代、薬局で購入したものなども使えますので、治療のためなら保険がきかなかったものも対象になります。

美容目的”以外”の歯列矯正など、高額な出費があったら必ず領収証を保管しておきましょう。

何十万円かかった時に申告したのですが、1万数千が還付されました。

もうちょっと医療費が少ない年は数千円でした。

まず合計が10万円であるか把握しなければなりませんが、確定申告を経験するのは課税の仕組みをしるいい勉強になります。

なによりお金が戻ってきます。

医療に限らず、申告の書類をネットで作成して印刷することもできます。

私がやった時はパソコンを持っておらず、手で書いて計算しました(^_^;)。

 前年の分を3月までに申告するのが筋ですが、医療費なら5年前でも還付申告できます。
 レシートをためると大変ですが。。。 
プレジデントでも2月に取り上げられていますので、参考になさってください。
president 

今日のミッション:医療費控除を申告してみよう!


ピアニスティックノート


<<お勧めTEDトーク&アーティストのためのMP: 自分という資本に投資せよ! | ホームへ | 疲れ目に効くハンドパワーマッサージ>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kaorilavender.blog.fc2.com/tb.php/531-cea6af82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)