アレクサンダーテクニーク研修生によるピアノレッスン

ピアニスティックノート

高校の時、漢文で習った楽府(がふ)の詩、上邪・じょうや。

心に残っているので、なぜか本日はご紹介してみます。

  左原文       右読み下し文


  上邪        上邪
  我欲與君相知  我君と相知れり
  長命無絶衰    長(とこしへ)に命絶え衰ふること無からんと欲す
  山無陵       山に陵(おか)無く
  江水為竭      江水 為に竭(つ)き
  冬雷震震      冬雷震震として
  夏雨雪       夏に雪雨(ふ)り
  天地合       天地合して
  乃敢與君絶    乃(すなわ)ち敢て君と絶たん

現代語訳 これも諸説ありますが、今日はこんな風にしてみました。

天よ
私はあなたをよく知りたいと思う
永遠に二人の命が絶えることなどあってほしくない
山が平らになり
長江の水が涸れ
冬に雷がなり
夏に雪が降り
天と地がくっついてしまったなら
その時こそあなたと別れよう

上邪をじょうやと読んで始まるので固い文かと思いきや、
かなり熱いラブソングにも読めます。
そのギャップがなんともいえず、お気に入りです。

冒頭を、あなた、と訳す解釈もありますね。
あなたへの思いを天に誓う、というところでしょうか。

また、”君”への敬意が感じられる詩です。
二人の関係をすごく大切なものとして詩っているようです。

ありっこない天変地異が起こったらその時はあなたと離れる!
って、絶対離れない、ということですね。

漢代の人だって古今東西の人と同じで、ロマンチックですね。
万葉集の相聞歌も、素朴でストレートで好きです。
テーマ : art・芸術・美術    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. アート
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]



 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

かおり

Author:かおり
アレクサンダーテクニーク研修生によるピアノレッスン
グランドピアノと演奏に役立つ解剖学を使ってレッスンをしています。
HP kaorikitagawa.jimdo.com
もっと上達したい、いい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けないというを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活し、念願のオーケストラとの共演も果たしました。

アレクサンダーテクニーク教師養成コース研修生として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender

英語
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

無料メルマガ登録

美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -