ピアノワークショップを終えて 第一報

09/27
ピアノを弾く人のためのBodyThinkingワークショップを、昨日無事終えました。

コンサートではなく、ピアノを弾く方が自分の講座を受けに来て下さる、しかも普通のピアノレッスンではない、というほぼ初めてのシチュエーションです。

グランドピアノと、骨格模型を用意してのワークショップ。
WS

これらは前々から、ピアノを弾く人のためのワークショップを私が開く際に譲れない!と考えていたものです。
ボディシンキングはピアニストを救う!とも常々考えていました。

正にビンゴ!でした。

参加して下さった方には、

ピアノは絶対当然、あったほうがいい!
”骨君”(ほねくんと呼ばれていました)がいるとわかりやすい!

との声を戴きました。

条件のあう会場を用意する都合上、平日午前を2回、という形で開催しました。

天候の心配される中、小規模ながら無事終了することができました。本当に感謝です!!

初日にお伝えした事から掘り下げて、二日目はさらに深いご質問を受けることも多々あり、ワンデー(10-17時を1回で行うWS)とは違う効果もあったようです。

ワークショップには6章の概要があり、それに沿って解説やエクササイズ、実験をします。
今回はさらに応用してピアノを弾く、という風に進めました。

また呼吸と発声の章では、ピアニスト向け講座らしく、サロンコンサートなどでのトークを想定したレッスンも体験していただきました。

頭と脊椎、そして腕と指。どちらもピアノ演奏に欠かせないアイディアで、それぞれ前半、後半のメインに据えていた章なのですが、右足がダンパーペダルを頻繁に踏む、という動作がネックになりやすいというお悩みがでました。

坐骨や大腿骨、大腰筋、そして足のY字構造、ペダルを踏み込むときに使う筋肉など、演奏に必要な脚と足方面のレッスンもやはり大切で、有意義なものになりました。

頭のことを取り上げる実験では音がクリアーになり、坐骨ですわることを取り上げると、そのクリアーさにさらに深みがプラスされたのは興味深かったです。

リーディングエッジ(この場合、楽器が音を出す部分)をハンマーが弦を打つ面、と考えると、もともとクリアーだったカデンツァが、まるで3音だけのコンサート!になりました。

ほかには本番の日に荷物を背負って歩いていく、など、なるべくピアニストの実践に即したレッスンをさせていただきました。

最終的にはご自分だけで登場して、演奏する、というプロセスをやって戴きました。

一切のお手伝い等なしなのに、一層素晴らしくなった演奏と演奏者の方の存在感に感動してしまいました(;_:)

さらに目の使い方についてアイディアを取り入れてもらったところ、益々演奏に奥行きが出てしまいました(#^.^#)

やはりピアノを練習してこられた方が、正しい知識をもたれると、一気に変貌されますね。その学びの速度には私も驚いてしまいました。

今までやってこられたことがまるで報われたかのように、演奏の質が変わられる瞬間はとてもうれしいものです。

と同時に、講師がピアノを弾く人だから問題をすぐ理解してもらえるのがよかった、との感想もいただきました。自分の学んできたことが本当にピアニストの方に役立つことがわかり、ありがたかったです。

やはり思い切って開催してよかった!と思えるワークショップとなりました。

次回は未定ですが、グランドピアノあり!でやりたいと思います。ご興味ある方は思い切ってご参加くださいませ。

今まで出会ったすべての方に感謝です。ありがとうございました。
Comment
ワークショップで
香里さんが今まで積み重ねたものの本来の力を引き出してくれました。
自分の変わりように驚いています(@_@)
ありがとうございました(*^^*)
Re:ワークショップで
こちらこそ、ご参加ありがとうございました。

本当に今までタカコ様が勉強されていたがゆえなんですよね。

でも、こんなにもすぐ引き出されるとは、私自身も本当に驚きました。
こちらの記事、ツイートさせていただきました。

ワークショップ、とても充実した内容で大満足でした(^^)
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

かおり

Author:かおり
アレクサンダーテクニーク研修生によるピアノレッスン
グランドピアノと演奏に役立つ解剖学を使ってレッスンをしています。
HP kaorikitagawa.jimdo.com
もっと上達したい、いい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けないというを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活し、念願のオーケストラとの共演も果たしました。

アレクサンダーテクニーク教師養成コース研修生として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender

英語
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

最新記事
無料メルマガ登録
美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム