学びの区切り。そして加速する私のピアノ

9月下旬にワークショップをすることができた私ですが、9/30にそのレポートを提出し、続く10月1日に(アレクサンダーテクニーク教師養成コース・ブックコースの4単位目取得が決まる)修了エッセイを提出できました!

2年間のボディシンキングと、4つのブックコースという、ふたつの学びに一旦区切りがつきました。これは大きいことです。

ブックコースはテキストを読んで8つの課題に回答を提出し、かつ修了エッセイを書くというもので、すべてメールで行います。それを4回完了することになっています(^_^;) つまり昨日で本当に修了したんです!

それからありがたいことにWSのレポートを提出した午後に、先日ブログに書いた通りibマッピングを受けました。

なにより自分がピアノが大好きなことが改めてわかりました。

その日のうちに、やりたいのに気付こうとしなかったことを実行に移すべく予約もしました。

ピアノではないそのやりたかったことに対し、予約のアクションをとったところ、不思議とピアノも加速し始めました。もちろん、ワークショップを含めボディシンキングの学びがいい刺激になったことは言うまでもありません。

不思議ではないのかもしれません。やりたいことって一番の推進力ですからね。

だから、なんでも実行してみるものですね。

一番好きな曲のほか、3年前弾こうとしていた曲、5年前弾こうとしていた曲があります。
両方ともベートーヴェンです。その練習を再開しました。

音源を聴いても新鮮で、演奏したいエネルギーがわき上がってきます!
名演なおかげもあるでしょうが。

次のコンサートのために、今までレッスンを受けた曲を仕上げつつありますが、それと別にベートーヴェン含む新曲に3つほど取りかかっています(大丈夫か自分?)

コンサート、そろそろ日程を決めたいですね。

プログラムはほぼ決まっています。

楽しみです!!

0 Comments

Add your comment