タイトル画像

カロリーゼロ甘味料って本当にいいの?

2015.05.01(12:23) 588

アスパルテームという人工甘味料があります。

甘くてカロリーは砂糖の数パーセント。

〇〇スイートといって一世を風靡し、朝食バイキングのドリンクコーナーにもあったりします。

これ実は、砂糖のカロリーを避けているかのようで、心身の健康をむしばむ恐ろしい化学物質だったのです。

http://matome.naver.jp/odai/2136780173669119701

私自身、ストレスでコーヒーを無性に飲みたくなったことがあって、
家族がたまに飲むために買い置きしていた、甘さ控えめカロリー控えめのスティックコーヒーを
一日に何回も飲んでしまったんです。

そうしたら、気持ち悪くなっておなかも下してしまいました。

そういえば

人工甘味料は体に悪いんだった。

しかも依存性がある
鬱を引き起こす
妊娠中の方は、胎児に甚大な悪影響があるそうです。

〇ーラを飲んでいた人は、指に障害のある子を出産されたと聞いたことがあります。
あとから知って、本当に後悔して悩んでいたそうです。

カフェイン、アルコールはよくないから、とお茶、コーヒーを避けて、その実、別の清涼飲料水に依存してしまったのですね。


その昔、塩分の取りすぎは血圧をあげる、と警告されて、多くの日本人はお味噌汁を飲むのをやめてしまいました。

やめてはいないでしょうが、真っ先に削られた塩分はおそらくそこでしょう。

食生活の欧米化が進んだのもそれからではないでしょうか。

野菜やキノコ、豆腐、お芋の入ったお味噌汁のどこが悪いのでしょう。

塩味の足りない食事をして、あとでポテトチップを食べてしまえば、
結局よくないのでは?

冷凍したポテトをフライすると、アクリルアミドという発がん性物質が発生することは知られています。

少々の塩分を控えるために、日本人は大事なものを失いつつあるのです。

甘みも辛みも自然が一番。

お茶もカフェインがなく、お茶っぽく楽しめるものがあります。
ルイボス茶とか。

ステマではありませんが、体も冷えないし、お勧めです。

ピアニスティックノート


<<言葉より行動を見る | ホームへ | 言い訳はやめて行動しよう!>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kaorilavender.blog.fc2.com/tb.php/588-2744e00a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)