リスト・巡礼の年・第2年・イタリア 全曲演奏会

11/06
今日は、10月のブランチコンサートを聴かせていただいたピアニストの方の、サニーサロンでのコンサートでした。

リストイヤーの一環で、コンクール入賞者のM本さんが、第2年イタリアを全曲演奏されました。

ピアノはヤマハのセミコンサートグランドのようでした。とても美しい音を引き出されていて、美しいだけでなく、響きがよくて、清冽なリストの音楽になっていて感動しました。M本さんは、演奏法もナチュラルで、無駄な動きがなく、真摯な音楽作りをされる彼の姿勢とともに、とても気持ちいいものです。ブランチでも弾かれた曲がありましたが、ばっちり今日の本番に仕上げられていて、本当に期待以上によかったです。ずっと聞いていてもいい、という気持ちよさでした。

特にペトラルカのソネット104番が好みでした。最終のダンテを読んでもすごかった!!第二年全曲は45分強で、ハーフリサイタル位でした。アンコールは愛の夢を弾いて下さいました。

終演後、感想をお話しした際、私もブランチコンサートやるんですよ、とお伝えしました。全曲リストというコンサートをできる方と、同じ土俵に立ててしまうところがまたうれしいです。M本さんのブランチにいらしていた方をお見かけして、その方にも私のブランチの案内をお渡しできました。

そういう方が聴きに来て下さるかもしれない、と思うと、私もモーツァルトでいい演奏を目指したいと、さらに強く思えた一夜でした。
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

かおり

Author:かおり
アレクサンダーテクニーク研修生によるピアノレッスン
グランドピアノと演奏に役立つ解剖学を使ってレッスンをしています。
HP kaorikitagawa.jimdo.com
もっと上達したい、いい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けないというを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活し、念願のオーケストラとの共演も果たしました。

アレクサンダーテクニーク教師養成コース研修生として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender

英語
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

最新記事
無料メルマガ登録
美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム