感覚でできた気がしたのに?何を考えて弾くか。

ピアノを弾いていると、

できた!

という時があります。

それで大事なのは、何を考えたらそれができたか。

なのです。

できた時と同じ”感覚”をたよりに再現しようとしても、うまくいきません。

確かに感覚は存在しますよ。


ですから、練習で何かを弾くとき、考えを持ちます。

そうしたらこうなった。

少し変えたらこうなった。

でもって、こう考えたらできた!

”こう考えたら”
これは再現できます。

なんとなく、力をこのくらいいれて、

だと、別の時、別の楽器ではオーマイガー!

どのくらいなんてわからなくなります。

これはあなたが悪いのではなく、
そういうものなのです。

何を考えて弾いて、そういう音が出たか?

28日のスクールでは、
何を考えてピアノを弾くといいか、
体の使い方と演奏について、

いっぱいシェアしたいと思います。
HP
残席あります。是非ご参加ください!

0 Comments

Add your comment