アレクサンダーテクニーク研修生によるピアノレッスン

ピアニスティックノート

ピアノ曲を弾き始めるとき、
何を考えますか?

一つのご提案は、

エンディングを弾いてみること。

たとえばノクターンなら、
ミシソミシソミシソミシソミー♪ じゃーん♪ jじゃーん♪
と終わりますよね。 ショパンのOp.9-2です(^_^;)

そこを弾いてから、出だしを弾いてみましょう。

あら不思議(#^.^#)

いい感じで初めからイメージできているのではないでしょうか。


ですから、こうした練習をしたら、

人前では一瞬、このエンディングを心の中でイメージします。
それで弾いてみましょう。


簡単なことですが、
どういう曲なのか、ということをわかっている演奏者と

いきあたりばったりな演奏者

は違います。

いきあたりばったりと、即興的とは違います。

一つのイメージがあるからこそ、それを軸に即興的になれる。

だから、エンディングと出だしの一貫性をイメージするのです。

お試しください。
テーマ : ピアノ    ジャンル : 音楽
  1. ピアノ・音楽
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]



 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

かおり

Author:かおり
アレクサンダーテクニーク研修生によるピアノレッスン
グランドピアノと演奏に役立つ解剖学を使ってレッスンをしています。
HP kaorikitagawa.jimdo.com
もっと上達したい、いい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けないというを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活し、念願のオーケストラとの共演も果たしました。

アレクサンダーテクニーク教師養成コース研修生として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender

英語
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

無料メルマガ登録

美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -