スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腕を支える、腕にない大きな筋肉

ピアノやパソコン、そのほかの作業で腕が疲れやすい場合、
腕を腕だけで支えている、持ち上げていることが多いのです。

腕はだらりとぶら下がっているときでさえ、
抗重力筋(脊柱起立筋群)から上向きのサポートを受けています。

たとえばこれ。
広背筋

お尻の上から背中、二の腕まで伸びた大きな筋肉です。

この人から腕がサポートを受けられると、
あら不思議

腕が腕の仕事だけすればよくなります。

演奏に余裕ができるんです。

脱力とは、腕の力をなしにすることではありません。

軸、脊椎を支える筋肉を活かし、腕の仕事だけできるようにしてあげることなのです。

体に関する認識がずれていると、
たとえば広背筋がうまく腕をサポートするのを邪魔してしまいます。

たとえば、
ウエスト という存在 (それは幻です)
脊椎の深さ (背中から触れるのは脊椎本体ではなく、棘突起です。本体はもっと中心にあります)

そういう認識を修正してあげれば、
結果として腕は楽になります。

11月のスクールでは、
そんな体の構造をわかりやすく理解していただき、
グランドピアノを弾いて実際に演奏の変化を体験していただけます。

HP体の使い方スクール

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。