アレクサンダーテクニーク研修生によるピアノレッスン

ピアニスティックノート

これはアートでもお仕事でも、何でも言えることだと思うのですが、

目先のもののために、長期的な幸せや健康を犠牲にしないこと

はとても大事だと思います。

というか思うようになりました。

どちらかというと、
近未来のために自分に投資をする、準備をする、勉強する
そういう私でしたが、

今回は休むという意味も含めて。

自分自身、やりたいことがたくさんありながら、自分のことは順調でありながら、
いろいろな事情から2年前体調を崩してしまいました。

2年前の8月末にカデンツァさんでのリサイタルはやりました。
演奏中の1時間半は元気、ですから(^_^;)

結局心療内科で診断がつくまで3か月近くかかりました。

そういう体調不良って、今日で治った!といえないんですね。

風邪ひいたりしても、あ治った!ってわかる時あるじゃないですか。
でもそれがないんです。

だから、すっごく元気に人とお話ししている時と、別人のようによくない時が混在しているんです。

講座を教えるとき、元気です。

もちろん体調を整えます。
数日前から飲み物食べ物も気を付けます。

体調を崩してからも
コンサート、講座、ライブ、
はては一日スクールまでやらせてもらえてきました。

ATのクラスは1年間休まず出席しています。

5月はサラのクラスを通訳しましたし、
今月はおなじみキャシーの通訳もやりました。去年は体調でパスさせてもらったから2年ぶり。

通訳に関しては、普段のトレーニングの成果もあり、
英語での思考スピードが上がって自分に余裕ができてきたのが、回を重ねるごとに実感できます。

それで自分が早く訳してしゃべると、アメリカ人の話す量もスピードも上がって、
仕事が天井知らずになるんですけどね^^;

とはいいながら。

やっぱり長期的には少しづつでも元気になって、
もっと普通にいろいろできるようになりたい。

完全に戻ろうというのではないんです。
あくまで現実と折り合っていくのがポイントです。

だから、やりたいことがある程度できるなら、
現状も私の人生としてもりとんありです。

ちょっとこの数日、もう少し元気になってもいいんじゃないかな、
と思い始めました。
欲が出たというか。

そうしたらもっと新しいこともできるんじゃないかと。(まだやるんか?!うん、やりたい)

おかげさまでスクールも終わりました。
この夏、ただでさえ暑いですが、コンサートを控えています。

だから、元気になりつつ、ピアノも準備していく。
そこに重点をあてて、どうなっていけるか、終わった時どうなっているか。

つまり、この夏無理をしないこと。
それで回復したら可能性が広がるかも!

自分でも試してみようと思います。
テーマ : art・芸術・美術    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. 心と体
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]



 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

かおり

Author:かおり
アレクサンダーテクニーク研修生によるピアノレッスン
グランドピアノと演奏に役立つ解剖学を使ってレッスンをしています。
HP kaorikitagawa.jimdo.com
もっと上達したい、いい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けないというを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活し、念願のオーケストラとの共演も果たしました。

アレクサンダーテクニーク教師養成コース研修生として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender

英語
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

無料メルマガ登録

美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -